ミスターパンチ砕け散る

0

    今週は一時ネットができなくなりました。原因は通信に使っていたモバイル端末の故障。もう何年ぐらい使ったんだろう・・・。寿命ではないかと思うのですが、天寿全うされまして、ちょうど某柔らか銀行さんから無料で機器交換しますよみたいなDMも届いていたのでSOFT銀行さんに行って、何やかやで結局「置くだけWi-Fi」へと通信環境が変わりました。スピードは段違いですが、時々急に途切れたりして安定はしてないみたいですね。

    さて、タイトルにあるとおり、カール事務器さんの最新おしゃれパンチ「ミスターパンチ」30枚タイプが買って1週間もしないうちに壊れました。原因は明らかです。オフィスの床に机上から落下したからです。私が悪いのです。不安定な場所においていたから全責任は私にあります。

    でも、あまりにも脆い。落下の衝撃でハンドル部分を固定している部品が破壊され、ハンドルが取れてしまうという結末に。サイトの説明によれば、「アルミ製ハンドルの固定にはガラス繊維入りの強化プラスチックをナノテクノロジーを使用した一体成形で素材同士を接合しました」とあります。

    この部分が落下の衝撃に耐えられなかったんだと思います。要はプラ部品ですからね。そりゃ脆いだろうなとは思いましたが、それにしても脆い。これでは通常使用の範疇でも、長年の使用には耐えられなかったんじゃないかと推測。今後この部分が強化されない限りはもう「ミスターパンチ」を買い求めることはないと思います。

    いくらオシャレでもね、やはり従来のガッチリした実用重視のパンチのほうが安心感があります。私がパンチを机上から落下させたのはこれが初めてではないのですが、今までのパンチはここまで脆くはなかったです。落とした衝撃でハンドルが取れてしまうなんてことはなかった。

    まあ、何度も何度も落としている私に学習能力がないのは認めますが、ちょっと軽量化、デザインの良さ重視に走りすぎたんじゃないかなと思ってしまいました。今のパンチはどこでも軽あけ機構を謳ってますからそれほど開け心地に差はないですし。翌日にはコクヨの「ラクアケ」に戻しました。

    結構な値段がしますので、これほどあっさり壊れてしまうのは残念です。メーカーから言わせれば机上から落下させるのは「想定外」なのかもしれませんが、日本は地震国でもありますし、パンチなんてものは棚の上に置いておかれる率も高いので、意図しない落下もあるでしょう。

    そういうのを想定した上で作っていただければなと思います。パンチなんてものはそうそう買い換えるものではありませんから、長く使う上でも「頑丈である」必要性について見直していただければなと思います。オシャレにするのも悪いとは思いませんが、それで脆くなったのでは本末転倒。

    実用性能が上がらない限りは今後私が「ミスターパンチ」を再購入することはないでしょう。最近だと、くるくるカールくんも「これなら100均の鉛筆削りのがマシじゃね?」と思える出来だったので、もっとしっかりしたものを作って欲しいなと余計なお世話かもしれませんが、感じてしまいました。

    なお、これは私の不注意と雑な使い方が悪いのだと自覚していますし、もしかしたら個体差があってたまたま脆いものにあたってしまっただけかもしれないことは申し添えておきます。

    Hey!ミスター!

    0
      10月は暖かいそうです。穏やかな秋晴れが続くそう。今日明日の土日は人間が最も快適に過ごせる気温、湿度らしいので、こんなところでこんなブログを綴っているのはもったいないのですが、基本旅行とかには出かけない出不精人間なので、過ごしやすさだけを感じて、レッツインドアです。

      さて、ようやく発売となりましたカール事務器のミスターパンチですが、早速通販で購入してみました。わが町近辺で発見出来るようになるには1年以上待たねばならなそうな気がしたので。思えば初めてその存在を知ってから1年以上の月日が経過したのではないでしょうか。

      2015年の「pen−info」のISOT2015の展示会の記事で知ったのが最初のような気がするので確認してみると、2015年12月の発売予定とある。しかし、カール事務器からはその後なんの音沙汰もなく2016年9月になってようやく発売の運びとなったようだ。

      何があったのかはわからないが、きっといろいろな「大人の事情」があるのでしょう。穿孔枚数も当初の予定だと20、30、40枚タイプの3種類が発売される予定だったような気がして過去記事を読み直してみたがその記憶は正しかった。だが、蓋を開けてみると、10,20,30枚タイプにスケールダウンしていた。

      アリシスが、35枚タイプが最大であったことに比べても「パワーダウン」していると言わざるをえない。美しい見た目、軽量化という課題と剛健さを両立させ、さらに予算内に収めるということの難しさが伺える。それが発売延期につながっているかどうかはわからないが、無関係ではないように思える。

      その他にも、ゲージがアルミ製でたわんでしまって安定して紙を載せておける安心感・安定感がないことや、ごみ捨ての際の捨てやすさなどもアリシスのほうが分かりやすかったなど、細かな部分で前作を超えられていない感じが出てしまっている。

      価格的にも上回ってしまっているし、「美しさ・軽さ」と言うだけで消費者に訴求できるとは思えない。もし、アリシスとミスターパンチが同じ棚に並んでいたら、ユーザーはどちらを選ぶだろうか。スペック的にも価格的にも優れているアリシスを選ぶのではないだろうか。

      ここまで酷評しておいてなんだが、実際に使ってっみた感じとしては「軽く穿孔できる」という1点においてはさすがに進歩しているなと思わせるものがある。しかし、商品の特質上穴あけを試してみて比較するというのが店頭でできるところはそうはないので、なかなか良さを判ってもらうのは難しいだろう。

      当初の予定通り40枚穿孔タイプが発売されていれば「おっ、パワーアップしたな」と思わせることも出来たのでしょうが、そうすると価格設定が難しくなってしまうのかもしれませんし、一般のユーザーが小型パンチにそこまでの性能を求めてはいないのであれば「大きくコケる」こともあるわけで。

      私のようなマニアックな方でなければそうそう手を出さない可能性が高いということになってしまうかもしれません。私は先週から使い始めましたが、これから使い続けてみないとわからないこともあるのでファーストインプレッションのみということで読んでいただければと思います。

      前作アリシスは壊れやすいという記事も読んだことがありますので、そういう点は使い続けてみないとわかりませんので。今週使い始めてみて一度机の上から落としてしまったことがありましたが、とりあえず今のところは壊れてはいません。堅牢性や耐久性はこれから実践で試していかなくてはわからない点なので今のところはノーコメントです。

      難産の上に商品化にこぎつけた感のある「ミスター」ですが、アリシスのように普及するかはメーカーの販売戦略次第といったところ。ただ店頭に置いておくだけではなかなか普通の方にも、企業にもアピールしない製品になってしまうのではないかというのが正直な感想です。

      コレはパス、次回作待ちかなというマニアな方もいるのではないかと思われますので結構社運を左右しかねない製品の予感がします。大袈裟かな。

      スーッと 軽開け That's Scoova

      0
        さて、今回は「スクーバ」、MAXの軽開け2穴パンチについて書きたいと思います。「スライス中空刃を採用することで紙の逃げ道を作り、従来よりも少ない力での作業を実現しました。刃の内部に溜まった切り屑はバネを組み込んだダストバーにより、切り抜くごとに排出される仕組みです。また、刃先を斜めにし、切りはじめの接地面積を小さくすることで、手にかかる負担も軽減される設計となっています。」というのがプレスリリースの紹介文です。

        要は、今まではまとめ切りしていたものを、1枚1枚毎に切り抜くイメージで切り抜くので「軽く」切れるということなのかなと理解しています。「アリシス」(カール事務器)が2重テコの原理を利用してかる開けを実現しているのとはまた違ったアプローチの仕方で軽開けを実現しています。

        使ってみると確かに軽い感じで開けられます。「アリシス」が一気に「ガチャン」という感じで押し切る感じなのに対して、「スーッ」という感じで切り抜けます。この辺は構造の違いが現れているように感じます。なので、アリシスが紙の枚数が多くなると抵抗が大きくなるのに対して、スクーバはそれに比較すれば少ない力で穴を開けられる感じです。

        お互い枚数は最大35枚なので、同じなのですが多い枚数を開けるなら「スクーバ」、少ない時には「アリシス」というふうに使い分けしています。なぜなら、使いやすさは圧倒的にアリシスのほうが使いやすいからです。作りこみ、デザイン性もアリシスには及ばないなというのが私の感想です。

        まず、スクーバで気になるのは紙の位置合わせのゲージバー。ちょっと力を入れて引くと抜けてしまいます。この辺はアリシスでは全く無いので、もし次回このシリーズを発売するなら第一に改良してほしい点です。A4に合わせようとしてちょっと力加減を誤るとバーが抜けてしまって、イライラします。

        次に、差し込みの深さ。もう少し深く紙を差し込めたほうがいいんじゃないかと感じました。紙を差し込んだ時の紙の安定感も上がるし、今の差し込みの深さだと、差し込んだあと手で上から抑えるかしないと、紙が浮き上がってしまう感じで穴あけ位置が一定になりません。

        また、カスの捨てやすさ。アリシスがこういう点までこだわって作っているのに対して、「捨てられればいいでしょ」という感じが見受けられます。アリシスが一目で捨て方がわかるのに対し、スクーバでは最初どこをどう開けたらいいのか判りませんでした。

        そしてデザイン。アリシスとは比べ物になりません。アリシスの光沢のあるボディとくらべてしまうといかにも安っぽさが際立ってしまいます。デザイン重視ではない、と言われてしまえばそれまでですが、やはり同じ土俵に立つならその点も考慮しないと消費者がどちらに手を伸ばすかは火を見るより明らかなような気がします。

        これは、実現はしないでしょうがアリシスにスクーバの刃構造が組み込めれば現在最強の2穴パンチが出来上がるのではないかと思います。特許とかの関係で無理だとは思いますが、共同開発とか・・・やっぱり無理でしょうね。買う方としては実現して欲しいですが。

        まあ、いろいろ細かい所で作りの甘さ、粗さが目立ってしまうスクーバですが、もし、先にアリシスを使っていなければ、もっと感動したかもしれません。そういった比較で見なければ「軽開け」という1点で見ればアリシスを凌駕していると思います。次回作があるならば改良して出してほしいなと思います。

        さて、来週はエトランジェの黒いノート「Blanc de Noirs」についてです。正式名称はちょっと面倒なので「黒いノート」と呼ばせていただいております。そして、普段は活用の場のない、白インクや、パステルカラーインクを活用できるノートです。そういった意味で貴重な存在のノートでもあり、黒い気持ちをぶつけるのには最適なノートなんです。では。

        穴あけ革命

        0
          CARLの2穴パンチ「アリシス」です。毎日使っています。そのため、もう空気のような存在のため記事にするのが遅れてしまいました。毎日使っていて、その便利さが当たり前になってしまっていて記事にすることすら忘れていたという。

          言うまでもありませんが、二重てこを連動させることにより軽開けを実現しているのでとても快適に穴あけしています。さすがに20枚を超えてくると抵抗感を感じますし力を入れないと無理ですが、10枚前後ならそれこそ空気のように少ない抵抗で穴が開きます。

          それに、35枚開けなのにコンパクトなボディーは私のように机が乱雑なものでも少ないスペースで使えます。これが案外重要なんです。ゲージの出し入れも楽にできるしゲージをしまうと本当にコンパクトになります。(片付けろ、という話もありますが・・・)

          そして本体の美しさ。誰もが手にとって眺めてしまうであろう曲線的デザイン。正直、実用品にあそこまでこだわってデザインする必要があるのかと思ってしまうほど美しい。「手に取りたくなる」これも商品として立派な機能かなと思わせてくれます。どうも最近の文具は「女性狙い」の物が多いため、男性が手に取りにくくなってしまっていますが、「アリシス」は落ち着いた大人の美しさ。性別を選ばない、そういう美しさこそデザインに求められるべきなのではないかと思わせてくれます。

          それと、地味に便利なのがゴミを捨てるとき。今までの製品は底全体をパカっと取り外さなくてはならなかったため、ゴミ捨て時に慎重にやらないとゴミをばらまいてしまうようなことになっていました。自分にも経験があります。ところが、アリシスは下半分のみが開いてそのまま底蓋を外さずゴミが捨てられるため、ゴミ捨てという点でも「革命」しています。

          機能美と革新的機構が詰め込まれたパンチですが、要望があるとすれば35枚以上が穿孔できるタイプがほしいいということ。それは中型以上のパンチでどうぞ、ということなのかもしれませんが、机がきたな・・・いや、省スペースで使えるものがあってもいいかなと思いますので。

          さて、次回はダウンフォース(パイロット)にしたいと思っています。加圧機構を持つボールペンの中で最も多くの芯を使うことができるため、芯再生用として、はたまたアクロボールの芯(多色用)が使えるため最強の滑らか油性ボールペンが実現できるとか、まあ便利に使えるペンであります。そして、その後加圧ボールペンについてエアプレス→パワータンクと書いていく予定です。


          calendar
               12
          3456789
          10111213141516
          17181920212223
          24252627282930
          << September 2017 >>
          PR
          selected entries
          categories
          archives
          recent comment
          • 20170716今週のスポッッッッッットライトなど
            yamomito (07/27)
          • 20170716今週のスポッッッッッットライトなど
            zOu (07/25)
          • 20170604今週のスポッッッッッットライトなど
            yamomito (06/17)
          • 20170604今週のスポッッッッッットライトなど
            zOu (06/12)
          • 20170409今週のスポッッッッッットライトなど
            yamomito (04/22)
          • 今週はNothing!
            yamomito (04/22)
          • 20170409今週のスポッッッッッットライトなど
            zOu (04/17)
          • 今週はNothing!
            zOu (04/17)
          • 20160724今週のスポッッッッッットライトなど
            yamomito (02/04)
          • 20160724今週のスポッッッッッットライトなど
            yamomito (02/03)
          recommend
          links
          profile
          search this site.
          others
          mobile
          qrcode
          powered
          無料ブログ作成サービス JUGEM