買っちゃいました報告

0

    一雨ごとに春の気配が近づいてくるのを感じます。3月ですものね。出会いと別れを淡い色で包んでくれるサクラの開花も待たれます。平成最後の桜の花は日本という国をどのように彩ってくれるのか。例年桜の花を見る余裕もなく過ぎていく春の景色を愛でる余裕を今年くらいは持ちたいなと思っています。

    先週、日曜日のブログの投稿を終えたのち、近所のホームセンターへ向かいました。トイレットペーパーなど日用品を買いに行ったのですが、行ったからには文具コーナーの巡回も行わないはずはありません。特に目新しいものはないなと帰りかけたときそれは目に飛び込んできました。

    ナカバヤシのアートナビという万年筆。全く未知の商品でしかも店頭の価格で158円。「これは!」と思いました。ナカバヤシという会社、時々見たことも聞いたこともない商品を見かけます。リリースなどはチェックしていても、それすらなくシレっとホームセンターなどに商品が並んでいたりします。

    セリース売りなので中身を取り出して手に取ることはできません。事前情報も何もないのでどういう商品なのかはその時点では未知数です。機転の利く人ならスマホ片手に検索、検索と洒落込むのでしょうが私はスマホで検索とかやらないというか、苦手なのでやろうという気にすらなりません。(後に家で検索しましたがヒットせず)

    しかも、軽いパニック状態なので、その場で商品のパッケージを手に取りしばし眺める以外他にありません。そののち我に返ると、この万年筆は使い切りなのか(万年筆風サインペンなのか)、インクカートリッジで色替えできる商品なのか(純粋な万年筆なのか)というその一点に囚われていました。

    値段のことを考えると前者である可能性が高いんだろうなとは思いましたが、もしやプレピーのようなカートリッジが差し替えられるタイプの可能性もあるのでは…とパッケージ裏の説明を読んでもその点に触れられていないので、もうこれは買って確かめるしかない!という使命感に支配されていました。

    とにかく低価格だし、これを購入した分に見合う文房具を処分すれば買ったことにカウントはされないという訳の分からない屁理屈を脳内で構築し、いざレジへ。ホームセンターのレジのお姉さまは機械的にレジ打ちし購入完了。はやる気持ちを抑えながらマイカーに乗り込みいざ開封!

    軸を捻ってみましたが全く分解できる様子はなし。使い切りタイプでした。まあ、そうだろうな…とほんのわずか前までの興奮が潮が引くように薄れていくのを感じながらでも、もしこれがとんでもない書き味なのかもしれない…と試し書きしてみましたが、いたって普通の鉄ペンのそれでした。

    かくなるうえは、分解が可能かどうかに焦点は絞られていきます。尾栓部分はペンチなどで挟んで捻れば外せました。そのお尻の穴から覗く軸内の景色はどう見てもカートリッジと軸が一体になっていてカートリッジを替えることは不可能そうでした。残念。

    まぁ、そうですよね。150円ですからね。でも、キャップは透明でインナーキャップはスリップシールもどきのようになっていて嵌合式の割には気密性は高そうな感じでした。インクを使い切ったらインクタンクに穴をあけ、どうにかインクが替えられないものか実験してみる所存です。それがいつになるかはわかりませんが。

    それにしても、この世の中にはまだまだ私の知らない文房具が存在しているものだな、としみじみ実感した次第です。







    買いました&買っちゃいました報告

    0

      何気なくテレビを点けたら「メトログ」でギャル曽根さんが、文房具カフェの紹介をしていました。紹介内容はさらっと流す程度のものでしたが、ギャル曽根さんに「文房具好き」という印象がなかったので意外でした。大食いのイメージが強すぎますからね。あれだけ食べて、太らないんですから不思議です。

      さて、今年の誓い「買わない」をなんとか貫くためにも、また自分を律するためにも購入報告を定期的にしていくつもりでいますが、同じ「購入」するにもその経過が異なるパターンがあるのです。一つは「コレは買うぞ!」と決めて購入するもの。計画的に購入するものですね。

      もう一つが、つい買ってしまったものです。いわゆる「衝動買い」というものです。前者を「買いました報告」として報告し、後者を「買っちゃいました報告」として区別していきます。それで、今週の買いました報告は「サラサビンテージカラー セピアブラック」です。

      こちらは、絶対に買おうとプレスリリースを見たときから決めていました。割と早い時期に我が田舎町にも並びましたので(正確には隣町ですが)、店頭にて全色試筆して色味が黒に近くビジネス用途にも使えそうな、セピアブラックのみ購入しました。以前なら全色セットを手に取り速攻レジに直行していたでしょうから自分的には抑制が利いてるな、という感じ。

      本来なら全色渋みのある色なので揃えたいところですが、一呼吸おいてグッとこらえました。偉いぞ、自分。実は、未だに未練タラタラではありますが。定番品なのでいつか買いたくなるかもしれませんが、今はグッと堪えております。そう、抑制できていたはずでしたが、…・

      買ってしまったんです。鉛筆シャープタイプMx。気づいたらレジに並んでいました。購入したのは1.3誠張織ぅ廖6眤哀哀螢奪廚僚造い笋帖静かなノック音。そう、プラチャックです。千円もするのに?とも、思いましたが、あの渋いルックスに自制心は吹っ飛んでいました。

      0.7にするか、はたまた0.9にするかと迷いましたが、鉛筆シャープシリーズの1.3ミリ芯の滑らかな書き心地は実体験済みですので、悩んだ挙げ句13ミリに。実際に筆記してみると、思ったほど重くもなく、かと言って軽すぎたりはしない、そんな塩梅。

      とりあえず今週はこの2品。文房具を購入した場合には、その分の数量だけ捨てれば、OKかな?などと甘いことを考えておりますが、毎日少しずつ断捨離&整理もしているので少しではありますが、おっ!少し部屋がスッキリしたかな?という感じも無きにしもあらず。

      私が田舎町に住んでいて、なかなか手に入らないものも多いというのが今年に限ってはいい方に出ています。何でも買えてしまうとそれこそ我を忘れるほど買い物かごに文房具を入れてしまいそうなので。これからも購入を予定しているものはありますが、購入した際には「買いました&買っちゃいました報告」はしていきます。自戒も込めて…。










      年末年始のお買い上げ

      0

        新春の箱根路を駆ける若者たちの姿を見ていると自分にもあんな頃があったのだろうかと不思議な感じがします。勝とうが負けようが全力で挑む姿の美しき事よ。結果を出した者、悔し涙を流した者、いずれにしてもその心と体の中に何物かは残るものがあるはずです。それが一番大事なのです。

        今週はメーカーからのリリースもその他の情報も何もないのでスポットライトはお休みです。ブログの紹介記事も当然のようにないので書きようがありません。なので、年末年始に購入した文房具の購入報告でこの場をしのぎたいと思います。しばらくはこういう状態が続くんだろうなぁ。

        買わないと宣言した舌の根も乾かないうちに購入報告です。年末年始に購入したもので主なものを書きたいと思います。これは宣言前のものなので新年になってからのものもありますが、セーフと自己判断しています。それと替え芯などの消耗品は交換してしまうので物が増えないのでまぁ、いいということにします。

        なんだかんだ言って縛りが緩いんじゃないの?なんて思われるかもしれませんが、物が増えるような購入ではなければOKということです。軸が増えるわけではないので…それくらいの緩さでないと続かないと思うので。それに文房具店に行って買わないで帰ってくるのは至難の業ですから。

        まずは、OHTOのボールペンG-Barrelというボールペンを見つけました。ヨドバシドットコムさんによれば2013年の4月発売開始で販売終了品だそうです。初めてみました。ジーフィットバレルが正式名称のようですね。400円が定価なようです。アルミ軸でぷっくりグリップに横溝が10本。油性ニードルポイントです。

        お次はノック式修正テープ、サカモトさんのプルメイト。これはまったく知りませんでした。12月に発売開始したばかりのようですね。ノック式で360度回転ヘッドの修正テープでなかなか使い勝手が良さそうなので試しに一つゲット。MONOAirの横引きと併用するつもり。

        それと、リニューアルされたハンコベンリも購入。実は今までこの手のハンコホルダーって使ったことがなかったのですが、これは実用的だし、新たなことにチャレンジする意味でも購入してみました。さっそく職場で活用してみて確かにこれは便利と実感しているところです。

        そして、BiCの低粘度油性ボールペン「アトランティス」。こちらヨドバシカメラ等でも取り扱いはあるのですが、文房具屋さんでも見かけることはほぼありません。しかし、なんと駅のKIOSKにて発見確保。まぁ、なんと言いますかデザインはあれですが、インクは確かに滑らかです。書きやすいかどうかは別として…。

        それとこちらはLoftで発見、ハイブリッドのパステルカラー。輸入品か?6色あったのですがこの機を逃すともう出会えない可能性もあるかと思い全色買い。これだからダメなんだよなぁ。物が増えるばかり。しかし、恐ろしく発色のいいパステルカラーで白い紙の上でも視認性ばっちりです。

        最後にニッケン刃物さんのマイティワークプラス。近所のホムセンにて購入。今まで存在に気づきませんでしたが、前々から置いてあったんでしょうね。買ってみてビックリ。いや、ものすごい切れ味です。さすが関の刃物。ビックリするくらい切れます。フィット〇ットカーブなんて目じゃないです。これで事務用なんて凄すぎ。

        その他にも購入したものはあるんですが、すべて書き出すとキリがないのでこの辺で。自分は結構アンテナ高く文房具に関しては情報収集しているつもりでも、まだまだ未知の領域はありますね。実感しました。今年は買わないが目標の一つですが、情報収集のためにも文房具売り場巡礼は続けるつもりです(それがいかんとは思うのですが…)。

        それとこれはお買い上げではありませんが、この休み期間中通して使用するペンの「ブレン化」を試みてました。具体的には軸内やペン先の隙間を埋めるという作業ですが、これらには板おもりやマステ、ラップ(食品をレンチンするときに被せる透明のあれです)など様々なものを使用しています。詳しくは次週以降に。では。

        ケリーチャン

        0
          ぺんてるの万年シル「ケリー」をついに購入してしまった。いつもの文具売り場、、特に目新しいモノもなく、購入する当てもないまま、いつもスルーしていたその場所へと。いつも、購入すべきかどうか悩んでやめていた。シャープペンに1500円は高い。そう思って。

          そのほかにもコクーンのシャープとか、タイムラインのシャープとか、ほしいモノはあるのだが、シャープペンに1000円以上は・・・という自分防衛ラインをなんとか踏み越えずに来たのだが、ついにそのラインを踏み越えてしまった。

          そして、もう、コクーン、タイムラインとほしくなってしまっている。歯止めが利かなくなりそうで怖い。踏み越えてはいけないラインがケリーだった。でも、どうしても我慢しきれなかった。もう転がり落ちてゆくだけなのだろうか、文具の泥沼に。

          もうここまで来たらどこまででも堕ちてしまおうかとも思う。廃人となるまで。逆に、どこまで堕ちてっゆけるのか楽しみになってきた。自分はどこまで堕ちてゆけるのか、それとも引き返してしまうのか・・・。

          そんな夢を見ました。朝起きてもはっきりと覚えている。正夢か?と思えるほどの鮮明に残る夢でした。でも、ケリーを買ったことは本当です。使用感などはまた後で記事にしたいと思っています。

          購入したもの・いろいろ

          0
            楽天優勝記念というわけでもないですが、昨日は今秋の各メーカーの新作が店頭に並んでいたのでいろいろと購入してきました。それにしても、楽天が強かったというよりも、あまりにも巨人打線の調子が悪すぎたという感じでしたね。

            まず一つ目が、サクリフラットの28枚とじのやつ。デザインもツートーンカラーでいい感じ。先週コクヨが10号針で32枚とじのパワーラッチキスを発表してますが使い勝手からいった4らやっぱりサクリでしょう。といいつつ32枚綴じも魅力ですけど。(バイモに近づいていく・・・)。

            二つ目がサクラクレパスの「消しゴムで消せるゲルインクボールペン」。実はこれ、新作として発売されていますが、実は以前から「クーリア」というメーカーから「消せるゲルペン」として発売されていたモノ。そのペンのバーコードシールを見ると製造元「サクラクレパス」とあります。

            3つ目がオートのシャープペンシル2.0。消しゴム付き2仗張轡磧璽廖B声瓦留筆みたいな外観のシャープペン。短くて六角形。大人の鉛筆の対抗馬になるか、という感じ。ただ、スリーブのところは金属丸見えなのでこだわるならそこも鉛筆っぽくしてほしかった。

            4つ目はリポータースマートの極細4色。メーカーサイトの方にはまだ掲載されてませんが、並んでいたのでゲット。軸は持ちやすいと思うのだが、インクは相変わらず。極細になって滑らかさも先細り気味?他社の滑らかインクと比べると見劣りするのは否めません。

            そして5つ目。これはまさか置いてあるとは思わなかった一品。フエキの「しわにならないのり」。「アトフィスグルー」の経験からこの辺の店では絶対手に入らないだろうなと思っていたのでこれが昨日の最大の収穫かも。

            しかし、デザインは???です。無罫フォントさんでも書かれていましたが「しわ」という文字が大きすぎて「になりにくいのり」という文字はよく見ないと判らないほど小さい。さらに、容器が透明ではないから中身が見えず遠目からだとなんだか判らないことになっています。

            と、まぁ買いまくったわけですが本当のお目当ての品はありませんでした。「プレフィールスヌーピーコレクション」。初の1色ホルダーの実物を見てみたかったのですが。シャープリフィルも使えるということで期待大だったのですが。最近ゼブラの出荷は遅れ気味?

            calendar
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << May 2019 >>
            PR
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            • 20190324今週のスポッッッッッットライトなど
              yamomito (04/12)
            • 20190324今週のスポッッッッッットライトなど
              zOu (04/09)
            • 20190324今週のスポッッッッッットライトなど
              yamomito (04/08)
            • 20190324今週のスポッッッッッットライトなど
              zOu (04/05)
            • 20190217今週のスポッッッッッットライトなど
              yamomito (03/02)
            • 20190217今週のスポッッッッッットライトなど
              zOu (02/22)
            • 20190217今週のスポッッッッッットライトなど
              yamomito (02/18)
            • 20190217今週のスポッッッッッットライトなど
              zOu (02/18)
            • ファミマと無印
              yamomito (02/11)
            • ファミマと無印
              zOu (02/11)
            recommend
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM