妄想文具(久しぶり)

0
    自然は我々の想像の及ばない姿をまだまだ隠しているんだなと、熊本地震を観て感じました。被災地域は比較的安全とされていた地域だとか。ハザードマップは未調査の部分があり完全なものではないのだそうで、そうなると今後日本で同様なことがどこでも起きる可能性があるわけで、他人事ではないんですね・・・。

    さて、世間はGWとかでお休みモード。企業も当然お休みで、文具店巡りをしても新しい商品などの入荷もなく、少しだけ遠出して普段行かないような文具スポットにも足を伸ばしましたが、特段目新しいもの、珍しい物などなく、なんとなく疲れだけが残りました。

    そんななか、ふと、思うことなどもありまして、プラスチックニブの万年筆などあったら面白いのではないかなどと考えておりました。プラスチック万年筆といえばぺんてるのプラマンが思い浮かびますが、そうではなく、万年筆のニブをそのままの形でプラスチックで作ったら結構面白い書き味になるのではないかと。

    私はそのへんの技術的なことは詳しくないので、技術的に難しいとかこういう欠点があるとかはわからない素人ですからこういう発想が出てくるのですが、ニブ部分が金属でなくてはならない理由はないんじゃないかななどと思ったりしたわけです。

    ボールペンだって樹脂ボールのボールペンがあるわけですから万年筆だって・・・などとユニボールエアで筆記中にふと思いついたのです。ふわりとした樹脂の柔らかさを万年筆に。さすれば低価格で大量生産ができてもっと万年筆も身近なものになるのではないかと思ったりしたんですね。

    耐久性の問題とかもあるのかもしれませんが、どこかのメーカーでチャレンジしていただけないかな、と。いろいろ検索してもそういうものは見つかりませんでしたので、技術的に無理なのかもしれませんがkakunoもヒットしたとはいえ、小学生が使うには1,000円はまだまだ高い。

    100円で買える万年筆みたいなのがあれば小学生がお小遣いで、となるかもしれませんし(100均にはありますが)、もうちょっと裾野が広がるのではないかなと思うんですよね。まあ、小学生が自ら進んで万年筆を手に取るという土壌がないので、すぐには無理かもしれませんが、そういうのがあってもいいかなと。

    小さいお子様が扱うとなるとメンテナンスなんかももっと簡単にできてペン先が乾きにくいものでないといけないので、スリップシール機構みたいなものが必要になるし、ニブやカートリッジも簡単に交換できるようにしなければならないとは思いますが、そういうのがあれば大人だって使ってみたくなるのではと。

    プラチナさんにはプレピーがあるし、パイロットさんにはペチット1があるので、同じようなラインの商品は作りにくいのではと思いますので、セー○ーさんなんかでそういうの作らないかな、と妄想。あ、セー○ーさんだとセラミックニブで「セラマン」とかになっちゃうのかな。それだと、高価そうだしな・・・と全く見当違いな妄想に発展し・・・。

    透明蛍光ペン?

    0
      えー、透明ならもう蛍光ペンではないと思いますが、要は蛍光ペンのようにマーキングできる透明インクのペンはないかなとふと思ったわけです。ボールサイングロスクリアを使っていてそう思いました。ペン先に汚れの付きづらい物がいいので万年筆タイプのペン先がいいかな。超超超極太みたいな。機構的には万年筆でなくてもOK。

      文字を書くわけではないから、鉄ペンで十分だし、軸も高価なものはいらない。透明樹脂で十分。できれば、軸に直入れできるタイプ(エルバンのテンペット万年筆みたいな)で、替えインクが売っていればなお良い。グロスクリアインクのボトルインクみたいなの。それで、本体は1000円位、替えインクも1000円位で。

      要するに、パイロットのペチットワンの万年筆タイプで超超超極太ペン先で本体にインク直入れができて、ボールサインのグロスクリアインクが万年筆のボトルインクのように詰め替えられる・・・そんな商品。こんなものを望む人は日本中探してもそう多くはないでしょうから製品化されるとは思えませんが、妄想です。

      グロスクリアで、手書き文字の上をマーキングすると黒でも他の色でも多少色素が透明インクに滲んで色移りして
      蛍光ペンでマーキングしたような感じになるんです。そして、角度を変えるとマーキングした箇所が光を反射してテカテカとして綺麗なんです。そういう感じをもっと手軽にできないかなと思いついたのが、「ペチットワングロスクリア超超超極太」というわけ。

      のび太君

      0
        「ノビータ」は書類の厚さに応じて背幅が広がっていくファイルのシリーズだ。レールにいろいろなファイルを差し込んで使う「ノビータα」というのもある。けれど、名前に反して背幅は「伸びない」。元からそれだけの幅があり、書類の少ないときにはそれが「折れている」。だから正確には「ノビナーイ」だ。

        まあ、そんなところにケチを付けようというのではない。この、折れているというのは実はものすごくやっかいだ。背ラベルを付けようとするときに困ってしまう。真ん中に貼りたくても貼れないし、折れた両面に貼ろうにも、広がっていくのにラベルが耐えられない。「ラベルツカナーイ」だ。

        だから、チューブファイルのように背部分がしっかりとしたファイルに取って代わるほどは普及していないようだ。つまり、最大限まで広がってから背ラベルを付けるしか方法がないので、何らかの方法で印を付けておいて「覚えておく」しかない。記憶力を鍛えるのにはいいかもしれないが、情報を共有するのには向かない。オフィスでは自分一人で使うわけではないからだ。

        だったら、ゴムのように横に伸びていく素材で背部分を作ればいいのでは?と素人の私は思ってしまったりするのだが、そんな私でもそれには弱点があることに気づく。やわらかすぎて、背部分の上端に指をかけて、書類を書棚から引き出すということができなくなってしまうと思う。「ヒキダセナーイ」だ。

        でも、現代には様々な新素材が存在する。もしかしたら私が知らないだけで、伸縮性能はあるが強度もある、などという素材が存在するかもしれない。そんな素材があれば、本当の意味で背幅が伸びてゆくファイルが作れるかもしれない。ラベルは背部分に引っかけておける用にもなる。「真・ノビータ」だ。

        こういうのは自作するとかは難しいかもしれない。もしかしたら、もうどこかのメーカーが開発に着手しているかもしれない。だから、そういうファイルが発売される日を夢見て、今は待とう。ドラえもんの秘密道具のごとく、「できたらいいな」を実現される日のことを。

        アレと、コレト、どれ?

        0
          プラチナの、混色可能なインク{ミックスフリー」ようやく全色コンプリートしました(購入できたという意味}。これでようやく、いろいろ実験できるというもの。よく行く書店の文具売り場では、なかなか全色が揃うことがなく、ようやく集められたと言ったところ。

          といっても、この近辺では、その店しか扱いがなく、もしそこで入荷してくれなければネットで、と思っていた。実際「スモークブラック」はネットで購入。そのすぐ後に、その店でも入荷したらしく店に並んでいた。

          色混ぜ、ということでふと思いついたのが、ボールペンのインクって混ぜられないのか?ということ。まず個人では無理だろうから、それなら、こんな色作ってほしいとメーカーにオーダーできるシステムって作れないだろうか。油性でも、ゲルでも。

          印鑑のメールオーダー方式みたいに、例えば、「黒と青と緑を5:4:1で混ぜた色」とか言うふうに指定して。色は混ぜなくても、「艶のある黒」とか、「少しグレーががった黒」とか自分のお気に入りのイメージでインクを作ってくれるような、そんな仕組み。

          そんな、一個人のためにインクを作るなんて・・・とメーカーにしたら、そう思うかもしれないけど、高級ラインのペンに特注のインクなんて特別感があっていいと思うんだけどな。どれだけそういう需要があるかは判らないけど、個人的希望です。

          そういう意味では、ツイストリングノートで「選べるリフィルペン」のノート版みたいなことってできるんじゃないかな。こっちのほうが実現可能性としては高そう。リング径と、表紙と、リフィルを組み合わせて好きなノートを作る。セミオーダー形式でもいい。

          ツイストリングノートの最終的な落としどころはそういうところになるんじゃないかと、そんな製品が発売される日を夢見て、2013年は暮れていく。

          罫線が引ける定規

          0
            しばらくぶりに妄想文具。私は基本的にノートは横罫のものを使う。なぜなら、無罫は自由すぎてどう書いたらいいか判らないし、まっすぐ書こうとしても必ず曲がってしまって汚らしくなってしまう。メモ用紙としてならいいが、きちんとしたノートとしてはどうもなじめない。

            かといって、無罫ノートを買わないかというとそうでもない。いいなと思うものは買ってしまうし、横罫のものを選んだつもりで無罫のものを買ってしまったりもする(特にネット通販で)。なので、そういったノートをどうにかして、罫線付きのノートとして使いたい。

            そんなときに罫線が「簡単に」引ける定規があったらなと思う。幅7舒未虜戮つ蟲。上下で2本の罫線が引けて下の線に合わせて定規をずらしていけば罫線が完成。こういう細い定規って意外とないんですよね。別に目盛りはいらないからさ。

            普通の定規でいいじゃん、と思われるかもしれないが、それだと、両端に印をつけてそれを結んで・・・それを繰り返さなくてはならないからかなり面倒。だから、罫線幅の細い定規がほしい。スタンプでもいいが浸透印だと押せる回数に限りがあるし、そうでなければスタンプ台が必要だ。

            それに、そんな大きなスタンプは消しゴムはんこなんかで自作しないといけないからそんな技術のない私にとってはほっそい定規があればいいなと思ったわけです。もしくは罫線デコラッシュ。かなり不経済ではあるが。それに、需要もないか・・・。

            塩入り

            0
              夏になると、ペンを持つ指が汗ばむ。ラバーグリップのペンなどは特に。かなり前の記事で「ヒンヤリ軸のペン」なるものを妄想させてもらったことがある。今、その具体的イメージがあるので改めて記事にしたいと思う。

              塩は熱を下げる性質を持ち、寝具に塩を使ったジェルマットなどというものがあるが、そういうものがグリップに応用できないものだろうか。塩は温度を下げると共に熱を吸収すると少しずつ体温に近づいてきていい感じの温度になっていく。使用しないときは特に冷やしたりする必要もない。

              各社のやわらかグリップを見ると、比較的実現できそうなのは、三菱のαゲルかぺんてるのセルフィットだろうか。セルフィットは後続製品が出ていないのでαゲルということになろうか。もともとゲルだし、塩成分を適量配合するだけで済むので比較的開発しやすそうな気がする。

              先週グリップを自作しているという記事を書いたが、上記グリップのみ別売りという手もあるだろう。そうすれば、夏以外の季節は取り外しておいても構わないのだし。今ボールペンはなかなかあっというような新製品が出てこない状況が続いているのでそういった部分も開発研究して欲しいと思う。

              夏限定の柄なんていうのはよくある話だが、夏限定のヒンヤリするグリップなんてあったらいいなというお話でした。

              ちっちゃな頃から悪ガキで〜♪

              0
                わたしは基本的にノートに書くのは文字のみ。自分のアイディアををかくというよりも、雑誌、ネットなどから必要な情報を抜き出し要約して書き写すというのが主な用途になる。なので基本的には横罫のノートを好んで使います。罫の幅は7ミリのA罫かそれよりも広いほうがいい。

                それより狭い罫では画数の多い文字が書きづらいし、なんとなくのびのび書けない。のびのび書くのならば罫線なんてないほうがいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、ないとどんどん曲がってしまうのでガイドラインとなるものは欲しいのです。

                方眼罫は正方形なのが嫌なので使いません。日本語はどちらかと言えば縦長で、幅は狭い文字が多いので正方形の罫線はそこに当てはめて書きなさいと言われているようでなんとなく嫌なのです。そこで、自分として使いやすい罫線というものを考えてみました。

                罫線はなくても罫線の代わりにガイドラインになるものがあればよく、しかも、無地のようにも使えて、方眼ノートのようにも使えるもの。そんなものがあればベストなんですが、そんな都合の良い物があるのかと色々と考えてみました。

                そこで思いついたのが「パステルカラーチェック柄ノート」。どんなものかというと、淡いパステルカラーに塗られた行と白い行が交互にあり、同様に縦にも交互に塗られた列と白い列がある。つまり、ボーダー柄とストライプ柄が交差したチェック柄。

                ただし、格子は正方形ではなくて縦に長い長方形になるように、行幅は7〜8ミリ、列幅は3ミリくらいにする。色をパステル系の淡い色にするのはできるだけ無地に近い感覚でも使えるようにするため。これなら、罫線はないので無罫のノートのようにも使えて、横罫や方眼罫のノートのようにも使えるのではないかと思う。

                まあ、これは自分が使いやすいかもしれないと思うノートの形なので、他人にとってどうかということはまったく考えていない。ので、方眼派、無罫派の人にとっては使いにくものなのかもしれないが、その時々の用途によってある程度それらしき使い方ができるものにはなるかもしれない。

                ツイストリングノートのリングと表紙、ツイストリング用パンチ、それにエクセルなどでそういう柄の中紙が印刷出来れば自作も可能かもしれないので、自分でも挑戦してみたいと思います。うまくいったら、使用感などまたここで記事にするかもしれません。

                マステ 久々 妄想文具

                0
                  私はよくボールペンの限定軸・限定色なんかが出て気に入ったものは買ってしまう。柄や色が変わっただけで書き味や書きやすさが変わるわけではないのに、である。もちろん、すべての商品についてではないが、自分でも「馬鹿だな」と思いながらも買い求めてしまう。まんまとメーカーの手に乗ってしまっているわけだ。

                  メーカーとしても新商品開発には時間が必要なのでその間のつなぎ的な商品は必要なのだろう。ただ、最近はスタイルフィット的限定軸商法が横行しすぎているような気がする。昔から文具業界を見ている人からすれば昔からだよ、などと思うのかもしれないが新参者の私から見ると「最近ちょっと・・・」と思うのである。

                  今日のテーマは実はそういう苦言を呈するということが目的ではない。お気に入りの軸にしたいならばお気に入りの「マステ」を巻けば限定軸など買い求めなくても、テープを張り替えればお気に入りの軸はできるよ、という話である。軸全体ではなくてもポイント貼りでもOK。

                  マステを巻いた軸は少しやわらかな印象にもなるし、(細くはできないが)軸の太さを好みに調節できたりもする。うまく貼らないとべたついたり、かさかさしたりするがそこはなんどでも貼り直しができるマステなので再チャレンジ。よく使うが軸はまったく好みでないペンも少しおしゃれに出来たりする。

                  マステの下に「プチプチ」を入れて巻けば「エマーフィット軸」などもできたりする。要は工夫次第でだれでも簡単に限定軸ができるのだ。それもオンリーワンの。ただし、各人のセンスにもよるところが大きいので、おしゃれになるかどうかは各人次第ではありますが。

                  話は変わりますが「フリクションボールノック ビズ」なるものが出るそうです。文具村別館というサイトで情報が出ていましたが、とうとうここまで来たかという感じです。ただ、フリクションと高級軸というのはどうなんだろうという気がする。手軽に使えるからいいのであって、フリクションに高級ラインは必要ないと思います。

                  そもそもフリクションは公文書には使うべきではないペンだし、主な用途は下書きや個人メモということになると思う。そういったペンに高級軸は必要なのかと思う。実際、「ポイントビズ」や「「3」の「メタル」や「ウッド」などは文具売り場で売れ残っているのをよく目にする。フリクションユーザーでそういったものを求めている人はそう多くないということではないかと思う。

                  まあ、今回はよほど気に入った軸でもなければスルーするつもりでいます。それよりも「スリム」ではなくなってしまった「ブルーブラック」を復活させて欲しいですね。フリクションのブルーブラックの色味、好みなので。

                  そして、このつぎに来るフリクションを妄想してみますと、「フリクションツイン」などあると便利だなと思います。要は、フリクションボールとフリクションライトをくっつけて双頭式のマッキーみたいにしたもの。フリクションはボールペンから始まっていますが、実は最も実用性が高いのは蛍光マーカーなのではないかと思うのです。

                  これなら既成品をくっつけるだけだし、ボールペンの方は「3」や「スリム」の芯を自由に替えられるにすればかなり自由度が高く、実用性も高い製品になるのではないかと思います。双頭ともキャップ式でもいいですし、ボールペンはツイスト式でもいいかと思います。どちらかにキャップがあればそこに消しラバーは付けられるでしょうから。

                  実現できそうな気がする妄想文具でした。


                  付箋 伏線 カスタマイズ

                  0
                    昨日はじめて3Mのサイトで「i−NOTE」というのを試してみた。付箋のサイズやデザインを自分でテンプレートの中から選んで作れたり、オリジナルデザインの付箋が作れて、注文まで出来るサービスだ。以前に「文具で楽しいひととき」のサイトで記事を見て自分でもオリジナル付箋を、と思い立ったので。

                    さて、いざ作ろうと思ったがどんな付箋がテンプレートとして存在しているのか知らないとオリジナルは作れないと思いひと通り眺めてみた。自分の好みとしては、余白が多めに取れて余計な罫線等はなく、それでいてワンポイントが利いてるデザイン。

                    眺めていて、これはと思ったのが「信号機付箋」と文具で楽しいひとときのサイトでも紹介されていた「ファンネルマーク付箋」。信号機付箋はまさに信号機の赤、青、黄色のマルが3つ並んで付箋の端に描かれているもので、付箋を貼った時に重要度が示せるかなと思って。シンプルなのに今まで見たことがないデザインなのもよい。

                    「ファンネルマーク」のほうもシンプルなのに今までにはなかったデザインで、気に入った。そこから自分のオリジナルを作ろうとしたのだが、自分にデザインセンスがないことをすっかり忘れていた。絵を描いたり、デザインしたりはできないということをやってみて初めて思い出す、なんとも・・・な話である。

                    結局、上記2つの付箋を注文しました。実物を見るとまた違った印象を受けることがあるので実物を見るのが楽しみでもあり、心配でもある。そんなことをしながらふと思いついたのが「カスタマイズノート」。ネットで罫線の色やデザイン、罫種、紙の厚さやサイズ、綴じ方、表紙に至るまでネットでデザインして注文できたらなと思ってしまいました。

                    もちろん、私のように自らデザインできない人のためにテンプレートもたくさん用意されていて、組み合わせるだけで「プチオリジナル」なノートが出来上がるなんてどうでしょう?さらに名入れなんて出来ればサイコーですね。これはメーカーにもメリットが有ると思うんです。優れたデザインセンスの人を見つけることができるかもしれませんから。

                    多少割高になってもいいのでそんなサービスどこかやってくれないでしょうかね。やっぱり、自分でデザインしたノートなら大切に使うだろうし、愛着のわき方も違うと思うんですよね。さらに、デザインできなくてもアイディアだけでも書き込めるようになっているとベストかなと思います。

                    ポカリ(飲み物ではありません)

                    0
                      久しぶりに妄想です。夏にはヒンヤリ軸のペンなんてものを記事にしましたが、冬はその逆。ほんわかあったか軸のペンなんてのがあるといいななんて思ったりします。というのも、ここ2,3日の冷え込みで我が部屋はかなり冷気が満ち溢れてペンを持つ手もかじかむ始末。

                      そんな時軸がほんわか温まる「ホカ◯ン」みたいなペンがあったらいいかななんて思います。少なくともグリップは暖かくしてほしい。やわらか素材で揉むと暖かくなるなんてどうでしょう。そんな素材があるかどうかも判りませんが、妄想なので構わないでしょう。


                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>
                      PR
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM