四角いシャープ

0
    ダイソーなどの100均ショップに行くとたまにとんでもないモノに出くわすことがある。総じてデザインなどは並以下なのだが、機能的には文具メーカーが作らなそうなモノが並んでいたり、廃盤品が陳列されていたり。中には日本未発売の大手メーカーのモノがあったり。

    キャンドゥには日本未発売のZEBRAのZ−1というボールペンが売っている。これはZEBRAのサイトを見てもどこにもない。海外のみ販売されているモノが逆輸入されたモノらしい。そしてインクが恐ろしく滑らか油性なのだ。スラリ並かも。

    そして安い。2本で100円。確かに作りはちゃちだが中の芯をほかの軸に転用すればZEBRA最強のボールペンになる可能性すら秘めている。ただしロング芯なので、ノック式への転用はインクを半分以上使ってからカットして使う必要がある。まあ、タプリクリップなら大丈夫かもしれないが。

    そして、最近見つけたのだがダイソーのマークシートシャープペンというのもかなりいい感じだ。芯が平たい四角形でマークシートを塗りつぶすのに適しているということなのだが、マークシートに関係ない人にもいろいろと使えるのではないかと思う。

    平たい芯ということは太い線も細い線も思いのままに引けるということで鉛筆画などを描くにはもってこいだろうし(2Bの芯だから濃く柔らかな線が引けるし)、製図をする人にもいいのではないか。平たく太い芯なので折れにくいから長く芯を出してもある程度は使用に耐えるし。

    文字を書く際にもカリグラフィーのような文字が書けるので何となくかっこいいし。もちろん使いこなせればの話ですけど。難点は替え芯が売っていないこと。市販品で換えが利くモノはないし、ダイソーなのでいつまで店頭に商品が並んでいるか判らない。

    是非とも替え芯はほしいところ。こればかりはダイソーさん次第であるので、どうなることやらである。一応替え芯付きセットでの販売なのでしばらくは大丈夫だが予備芯もほしいところ。なのでもう一セット購入しておくか。100円だし。

    ただ。軸まで平べったくする必要はなかったんではないかと思う。筆記するのには丸軸か三角軸でもよかったのではないか。確かに、直感的に芯の平たい部分が分かるのは確かなのだが、ちょっと書いてみた感じではやはり持ちにくい。なれれば問題ないのかもしれないが。

    それと、同じくダイソーのゲルインクボールペン替え芯1本付き。このインクがいい。軽くさらさらした書き味で、サラサを凌ぐ勢い。顔料インクらしく、耐水性もある模様。軸もシンプルながらなかなかに美しく本当にZEBRA辺りから出ていてもおかしくない感じ。とても100円には見えない。

    やはりこれも、いつまで店頭販売されるか判らないので替え芯が手に入る内にもう一セットゲットしておく必要があるかもしれない。

    替え芯などの入手に難があったり、将来的には購入すらできなくなる可能性が高かったりするものの実用的にはかなり使えるモノが100均ショップには埋もれていることがある。侮り難しである。もちろんその倍以上使えないモノも多かったりするが。

    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    PR
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM