ホソナンです。

0
    少し前に購入したシャルトル・ブルー万年筆「細軟」。初めて書いた時にはそんなに軟らかいかな?と思ったものでしたが、本日、しばらくぶりにローテーションが回ってきて書いてみたらしなる、しなる!これでもかというほど軟らかい。

    少し、インクの出が渋い感じなのでもう少し慣らしが必要ではありますが、これが金ペンの「軟らかニブ」なのかということを存分に感じました。これは、育てていくのが楽しみです。これで、もう少し自分の書癖や筆圧に馴染んでくれれば、また、ベストマッチングインクが発見できればと思っています。

    今、お勉強用として、同じプラチナの、バランス万年筆ブルークリスタル軸を使っていますが、これは、もう素晴らしい書き味になっています。インク湧き出し量も豊潤で鉄ペンでありながらしなりも感じられて、かなり満足。

    けれど、やはりそこはスチールニブ。細軟のしなりには遠く及びません。が、その分インク湧き出しが多いので滑らかに書けているし、きっちりとした字を書くにはスチールのほうが向いているとも思います。

    そこで、ノート1冊目はバランス万年筆でいって、2冊目突入を機に、シャルトルくんにバトンタッチしてみたいと思います。そして、バランスくんは職場用に固定して、家ではシャルトルくんに活躍してもらうことにいたしましょう。

    ノート1冊目はセブンライフスタイルのリングノートMだったのですが、2冊めは無印の「裏うつりしにくいダブルリングノートA5」でいこうと考えています。このノート1冊書き終わる頃には「細軟」が「細軟軟」くらいになって自分に馴染んでくれたらいいなと思っています。

    使うインクはセーラーの顔料インク「極黒」☓「青墨」ミックスインク「極藍」(勝手に命名)を引き続き使用する予定。パッと見黒っぽいですが、遠目で見るとなんとなくネイビーっぽくも見えなくもないかなくらいの色合いがなんとも渋い。

    もちろん自己責任において使用していますのでメーカーさんに文句をいうつもりはありません。が、今のところ、なんの問題もなく使えています。そこは、スリップシール機構の威力&毎日使用しているというのも関係しているとは思いますが。

    なので、別の環境での不具合等に関しましては私としても責任は負いかねますので、自己責任でお願いしますね。インクの化学反応とか研究した上でやっているわけではないので、本当は、こういうことは書かないほうがいいのかもしれませんが。

    勉強のモチベーションを高めるために万年筆を使っていますが、やはり万年筆というのはノート1冊を書き上げるくらい続けて使い込まないと馴染んでこないし、良さもわからないものだと実感しています。けれど、その「育てる」感覚も万年筆の醍醐味なんだなとも感じ始めています。

    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    PR
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    • 20170716今週のスポッッッッッットライトなど
      yamomito (07/27)
    • 20170716今週のスポッッッッッットライトなど
      zOu (07/25)
    • 20170604今週のスポッッッッッットライトなど
      yamomito (06/17)
    • 20170604今週のスポッッッッッットライトなど
      zOu (06/12)
    • 20170409今週のスポッッッッッットライトなど
      yamomito (04/22)
    • 今週はNothing!
      yamomito (04/22)
    • 20170409今週のスポッッッッッットライトなど
      zOu (04/17)
    • 今週はNothing!
      zOu (04/17)
    • 20160724今週のスポッッッッッットライトなど
      yamomito (02/04)
    • 20160724今週のスポッッッッッットライトなど
      yamomito (02/03)
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM