20170528今週のスポッッッッッットライトなど

0

    世界はなんだか危険な方向に動いているような気がします。平和な世界の、緩くなかなか物事に蹴りがつかないイライラや閉塞感みたいなものに一気に蹴りを付けようという機運が高まっています。これはいけないと誰もが思い、進んではいけない道だと思いながらもでは他に劇的解決法を見いだせないまま。繰り返してはいけないはずの道に突き進もうとしています。

    さて、世界はきな臭さが増していますが、ここは平和な文房具ブログ。さりとて、テロ等準備罪法案が通過した今、いつ言論統制が始まってもおかしくない状況なので、今のうちにいろいろ書いておきたい。文房具の紹介記事が「テロを暗喩している」などと言われかねないので。

    0.5清忘戰▲ロインキ搭載多機能筆記具 パイロット
    リッジとアクロドライブに新色(たぶん女性向け)とともに極細0.5世離▲ロインキを搭載したモデルを投入です。なぜこの時期なのかは不明ですが、爽やかなカラーは夏向けということでしょうか。そういえばまだリッジは持っていなかったな。これを機に購入してみようか。

    ▲丱織侫薀ぅ棔璽2 Makuake
    クラウドファンディングとかで金を集めて製品発売にこぎつけた製品。ホワイトボードをノートのように使えることが売り。今回0.5世離曠錺ぅ肇棔璽疋撻鵐轡襪粒発に成功したとかで、「2」となったみたいです。なんだかすごそうだが、私の生活には特に必要ない感じ。Nu−ボードも使わなかったしな。

    F鵑沈泙螢リアーファイル「コンパック」 キングジム
    コンパックってこのネーミング、大丈夫なんでしょうか。この名前、昔パソコン関係でよく聞いた名前ですよね。「コンパック!」。持ち歩きフォルダーがリヒトから発売されてますけど、これはクリアーファイルに納めて二つ折りにするみたいです。分類してコンパクトに持ち運ぶのにはいいかも。実物を見てみたい。

    ぢ郛絅レンダーにもなるダイアリー リヒトラブ
    なんかそのまんまなネーミング。「カレンダイアリー」とかにすればいいのに。売れなそうなネーミングだけど。ただ、ツイストリングノートのとじ具仕様なので、カスタマイズツイストノートの具材にはよさそう。特にスタンドできる表紙と裏表紙は欲しい。

    ゥ汽薀汽リップ・ミスタードーナツ ゼブラ
    製品よりも何よりも、ミスドってダスキン関連会社だったんだということに驚き!知らなかった…。製品自体はゼブラお得意の香り付きサラサ。ゼブラは食品関係とつながりが深いのか、香り付きだから食品関係とコラボするのか、不二家、サーティーワンに続き今回はミスドです。JKビジネスですな。

    ☆ペントネノック式ペン
    またまた変なものを自作しました。ペントネの軸にロング芯ぶっ刺して、グリップ部分にはボールサインノックの前軸部分を無理やり押し込んでいます。ノックパーツは使い切ったサラサ芯を適当な長さに切ってペントネ軸に合う太さまでマステを巻きました。ノック解除はペン先を紙面等に押し付けて押し戻す方式。

    今回ボールサインノックの前軸部分を押し込んだのとノック部を入れ込んだので付箋ロールは一つ減の2ロールに。ペントネの付箋を引き出した部分のベロが邪魔だったのでグリップする部分だけはカットしました。全長はかなり長くなってペン立てに立てても目立ちます。人混みの中の把瑠都状態です。

    デザインとか筆記バランスとかは考慮に入れていません。とりあえずノック式でペン先保護もできて(ノック解除の時にペン先を押し付けるのでそれはあまりよろしくないのかもしれませんが)、そういうペンを作ってみましたというだけなんですが。私の工作力ではここが限界。

    改造行為なので自己責任でやってます。試してみた結果、ペントネが使えなくなったぞということがあっても当方では責任とれませんので自己責任でできる方以外は手出ししないのが賢明です。まぁ、やってみようという方がそうたくさんいるとは思えませんが。

    ☆またもや閉店
    先日の記事で「旧拠点」が閉店する、という記事を書きましたが、またもう1店閉店するお店が出てしまいました。そこは書店ですし、文房具というよりも書籍のほうがメインですので文房具の売れ行きが悪くてというより、紙ベースの本の売り上げがやはり厳しいのでしょう。

    その店には月に1度くらいしか顔を出しませんのでそれほど頻繁に訪れていた場所ではないのですが、それでもこう立て続けに閉店の文字を見せつけられると私の活動範囲が徐々に狭められていくようで寂し悲しです。その書店は結構人の集まるショッピングモール内にあって、お客さんも入っていたと思っていただけにショックでした。

    そういうところでさえ経営が立ちいかなくなるほど今書店は厳しい状況にあるのだなと感じました。本屋大賞など書店を盛り上げていこうという取り組み、又吉さんの「火花」などのヒットなどがあっても全体としては紙ベースの書籍というのは売り上げが落ちているのだろうなと感じました。厳しきかな、現実は。

    ☆ペンケース財布?
    ダイソーをただぶらぶらと、何の目的もなくさまよっているとふと目に留まったものがありました。それは、ダブルチャック式のペンケース。なんとなくサイズ感がいいなと思ったのとチャックが二つ付いているので分けて入れられるなというので購入することにしました。

    でも、ペンケースとして使おうと思ったわけではありません。そうです、財布として使おうと思ったんです。紙製マステ巻き財布がもう補修不可能なほど傷んできたのと、テープの剥がれ、糊のべたつきがお札などを損傷しかねない状況にあったので財布になるものをそれとなく探していて出会いました。

    片方のチャックには小銭を、もう片方には札とカード類をざっくりと入れています。見易く取り出しやすい大きく開くチャック式で扱いやすいですし、しっかり閉めれば小銭やカードなどが零れ落ちる心配もありませんし、ズボンの左ポケットにもちょうど入るくらいの大きさでなかなかいい感じです。

    ただ、レジで取り出すときあからさまにペンケースなので店員さんが一瞬なんだろうという顔をしますが、それさえ慣れてしまえば快適快適。100円ですのでチャック周りの耐久性が心配ですが、しばらくはこいつに私の財産を預けてみようと思います。


    20170514今週のスポッッッッッットライトなど

    0

      先週のニュースではやはり韓国大統領選ですかね。北寄りの方が当選してしまったようでやや不安になります。北包囲網に抜け道ができてしまうと意味がなくなってしまいますからね。韓国にもハッキリと貧富の格差があり貧しい方からの支持が大統領に押し上げた感があるみたいですが。

      さて、文房具ですが、個人的に注目するリリースはありましたが、画期的とか、こりゃ大物だと思うようなものはありませんでしたね。GW明けですからまぁこんなものでしょうか。あ、それと私は海外製品のリリースとかはチェックしていないので国内製品に限りますけどね。

      .瓮皀奪ロールテープ フィルムタイプ リニューアル ヤマト
      ロール付箋の代名詞、メモックロールテープ。そのフィルムタイプが切りやすくなってリニューアル販売です。最近は100均でも同様の製品が売られているのでメモックもいろいろと改良されてきましたね。切りやすくなったのは大歓迎です。前のは切りづらくってそれで使用をやめちゃいましたから。

      京阪電車公式万年筆 タケダ事務機
      ものすごいネーミングの万年筆。「旧3000系特急車両」ですよ、鉄っちゃん向けか?個人的には本体よりも同時限定販売されるインクのほうが気になる。各駅のイメージカラーなんだそうですが、青磁なんてかっこいいではないですか。インクは買わないぞ、今でも有り余っているではないか、と思いつつも気になる。

      カラー筆ペン 蛍光(BLOXシリーズ) シヤチハタ
      筆ペンタイプの蛍光ペン。個人的にはこれほど扱いやすい蛍光ペンはないと思っているのでこれは大注目。ただし、替えのカートリッジ等はない模様。使いきりの中綿式か?それと、ボディの凸凹は個人的にはいらないかな。このシリーズで出す必要あったのかな?それとスケルトンボディにしてほしかったな。

      ぅ献Д奪肇好肇蝓璽 スタイラス シングルノック 三菱
      スタイラス付きジェットストリームの単色バージョン。軸に高い導電性を持たせ、手袋してても操作できるよバージョン。そんでもってお手頃価格ときたもんだ。どちらかといえばスタイラスが主役でジェットストリームがおまけみたいな感じ。まぁ、とりあえず買うけどね、安いから。

      ☆サイトリニューアル。
      ・・・といってもこのサイトのことではありません。ソニックさんの公式サイト、いつの間にやらリニューアルしてました。しかもド派手に。しかもわかりずれーし操作しずれーし。一覧性がそがれてますね。前のがよかったな。最近新商品出さないなと思ってたらサイトの作成に力入れてたのね。無駄だなー。

      動画が前面に出ていてかっこいいといえばそうなんだがどうも、独りよがりというか、操作性が良くないんだよな。個人的には「くるんパス」やら「ラチェッタ」なんかが発売された当時は学童向けなのにすげーの作る会社だなと思って注目していたのですが最近は音沙汰なしで残念。

      その他リニューアルされたといえば「フライハイト」さんもリニューアルされてました。こちらはまだ操作性閲覧性が維持されていますね。動画とかされたらネット環境が悪い人なんかだとブチ切れたくなるだろうし。そんなことするより新商品出せや!ってなりますよね。

      まぁ、見せびらかしたかったんだろうね。どうだ、かっこいいだろうって。昨日の記事でも少し書きましたがあんまりやりすぎると引きますよ、ユーザーが。適度でいいんです、さりげない演出や操作のしやすさ、見やすさのほうが重要だと思いますよ、HPというのは。

      ☆昨日の記事といえば…
      サクラクレパスのボールサインの「グロスクリア」のくだりで、「透明のインク」というのは珍しいと書きましたが、あるじゃないですか身の回りにたくさん。そうです、透明になるインクフリクションです。こっちは本当に見えなくなっちゃいますからね。改めて考えると本当に不思議。

      グロスクリアは透明なインクがてかてかとしてるから存在がわかる透明だが、フリクションは本当に透明になる「カメレオン系」透明インクだもんな。スゲーな。ラバーでこすっただけで透明になるし、冷凍庫なんかで冷やせば色が復活する。魔法のインク、マジックインキだな。あ、この名称は被るか。じゃあ、マジカルインキだな。

      ジェットストリームのインキはボールペンにしか適用できないけど、フリクションインキは適用範囲が広いし様々な商品展開もできてるからその意味でもマジカルだな。メタモインキも採用してくれないかな。その日の気温に反応して色が変わるボールペンなんて面白そう。でも、何の用途に使えるかっていうと…ウーン、だな。

      ☆閉店・・・
      本日私が「旧拠点」と呼ぶ書店に行ってきました。かつては毎週のように足を運んだ店だったのですが文房具売り場リニューアルとともに足が遠のくようになりました。商品がほとんど動かないのです。新入荷品がなくもないのですが新商品と呼べるものがほぼ入荷されなくなってしまった。

      セレクトショップのように、どうだセンスいいだろ!というセンスの押し付けのような売り場になってしまって、かつてのような書店との一体感もなくなり隔絶された空間のようになってしまった。そしてついにというかやはりというか閉店ということになるようだ。本日行ったところ張り紙がされていた。「閉店」。

      隣にあった「マツキヨ」も3月で閉店となっていただけにあの地域一帯が客足が遠のいていたのかもしれない。しかし、残念な限りだ。もうあの店には行けなくなるのかと思うと。思えばリニューアル後も高級筆記具や万年筆だけはこの地域随一であったように思う。インク類を買おうと思えば「ここ」というお店でもあった。

      やはり世の趨勢なのか、アナログなものが生き残っていくというのは大変なことなのだ。そう改めて考えさせられた。並びの店舗でパソコンショップもあるがそこも閑古鳥な感じだから一概にデジタルだから大丈夫ということでもないようだが。いずれにしても、残念なことだ。

      これで、ますます通販に頼らざるを得ないケースが増えるし、そうなるとリアル店舗の売り上げはますます減る。するとまた一つまた一つとお店が減っていく。文具ブームだといわれるが、地方都市の文房具店や書店はなかなか生き残れなくなる。100均の文房具の充実ぶりもそういった傾向に拍車をかけているのかもしれない。

      こだわりのない人たちにとって、100円で買えるものを大枚はたいて文房具店で購入しようとは思わないだろうし、筆記具も100円でジェットストリームなどの有名どころは買えてしまうのだからわざわざ改めて文房具店に足を運ぶとも思えない。

      そういった激安店との差別化をいかに図るか、そこがこれからのリアル売り場の難しいところなのではないかと改めて考えさせられる出来事でした。



      20170430今週のスポッッッッッットライトなど

      0

        戦争をやって得する人っているんでしょうか。人的損害は大きいし、人殺しの武器を作るのに使われるのは国民の税金だし。勝っても疲弊するし、核を使うとなればその被害は後々まで後を引く。国土は広がるかもしれないが、遺恨は残る。憎悪が残る。いったい誰のための戦争なのか?

        さて、文房具ですが黄金週間明けに向けて新作の発表が相次いでいます。この調子でコンスタントに新作がリリースされれば業界も盛り上がっていくと思います。そうです、コンスタントにというのは重要です。興味を持続させるのにもこれ重要。私の記事ネタのためにも、ね。

        .好織ぅ襯侫ット4色ホルダー 三菱
        三菱さん調べではJC・JKに認知度100%らしいです。4色ホルダーがなかったのは意外でした。普段プレフィールばかり使ってるから気が付かなかったんですね。4色というのは「死色」ですから、縁起が悪いということだったのかもしれませんが、i+でもないので、そういうことではないのかもしれません。

        ¬性ボールペン『レディホワイト』 パイロット
        四季イメージ柄の女性向け高級ボールペンツイスト式。13,000円也。たっけー!完全にギフト用だな。母の日も見据えてのことかと思いますが、それにしても高い。漆塗りとかしてるからだと思うのですが、せめて5,000円くらいでないと買えないぞ、庶民は。アクロインキ搭載でもね、庶民には無理!

        アピカノート ツインリングタイプ アピカ
        レトロ感漂う毛入り表紙のツインリング版。どうせなら紳士なノートでも取り入れればいいのに。たぶん、一般の人にはツバメノートも、アピカノートもあまり変わらなく映るだろうから、安いほうを手に取ると思うな。そういう意味ではいいかも。ただ、リングにもう一工夫しないとユーザー受けはよくないかも。毛入りとか。

        い劼箸海氾困┐蕕譴詆佞擦鵝.妊競ぅ鵐侫ル
        そえぶみ箋を強く意識してる商品。パクリではないと思う。思いたい。しかし、デザインフィルらしからぬまんまなネーミング。なんか無印みたい。そういうのがオシャレなのかなー。おやじには理解できんなー。一言添える機会なんてそうはないしなー、女子向けかなー。

        コ菷覗霍突兒罅.薀ぅ
        Lライティングペーパー使用の活版印刷用紙。原稿用紙と草稿用紙はどう違うのかわかりませんが、まぁ原稿用紙みたいなものでしょ?罫線を水性インクで印刷してるので万年筆インクでもはじかないんだとか。吸いつくような書き味になるんだとか。試してみたいが、1,000円超は超高い。

        PRO-USE 171 プラチナ
        プロユースシリーズのちょい進化版。シュノークシステムなんて怪しげなシステムを搭載しての登場。要は製図用シャープにセーフティスライドを搭載して、折れないモードと製図用モードを切り替えられるようにしたもの。0.3、0.5、0.7、0.9を一気に発売。最近のシャープペンにしては珍しいラインナップ。本気?

        В咤横或型А.僖ぅ蹈奪
        高級木軸製図用シャープのS20に新軸色3種が仲間入り。ブラック・ブラウン・マホガニーの3色が追加されました。少し前からネットでは情報が出てましたがようやく正式発表となりました。低重心で手に馴染む木軸。ブラックやマホガニーなどいいなと思いつつもそう何本も持つものではないしな…。

        ☆もっと安全にニコイチ
        先週、カクノ×プレピーでニコイチして透明カクノを無理やり作ったという記事を書きましたが、その後にもっと安全にニコイチできる組み合わせを発見しました。カクノ×iroaiをニコイチする方法です。これは簡単に首軸と胴軸を合体できます。ねじ切りもぴったり。何の問題もなし。

        こうすれば、ショートボディで透明軸のカクノが出来上がり。流石にキャップを尻軸に挿すことはできませんが。iroaiのほうはロングボディとなりまた違った感覚で使えます。ペン先は同じものだということは知っていたのですが首軸も相互に互換していたんですね。これは改造に当たるのかな?

        同じメーカーでしかも首軸と胴軸が相互に交換できるならほぼ問題は起きないと思いますが、それでも正規な使用法ではないので、自己責任でお願いしますね。

        ☆モノ芯0.25?
        オレンズネロ手に入れることができました。それほど血眼になって探し求めていたわけではありませんが、ようやく実物を店頭で販売している店に出会えたのでここを逃すとまたしばらくは手に入らないだろうなと思い、即決しました。0.3です。それはMONO芯0.3が使えると思ったから。

        0.2ではシュタイン芯オンリーで他の芯は選択できないと思ったからです。で、家に持ち帰り、さっそく書初め。まずは正規のシュタイン芯から。まぁ、書いてみた感じとしては少しパイプが大きく動くときがあって今までのパイプスライドより不安定かなという時がありますし、ぐらつきも大きいような気がします。

        そして、やはりシュタイン芯は薄い。HBですが、Hくらいの薄さに感じます。さて、ためしは終わり。さぁ、MONO芯に入れ替えてここからが本番とノック。しかし、芯は出てきますが自動芯繰り出しはうまく作動しません。芯がするっと引っ込んでしまうのです。芯を出して書こうとしても同様。

        これはもしや・・・そう、若干ながらMONO芯のほうが細いのかもしれません。なので、精密すぎるオレンズネロのチャックではしっかり掴めないのではないかと。もしや、MONOの0.3はシュタインの0.2に相当するのかもと思い0.2のオレンズに入れてみました。チャックは掴んでくれているようですが、当然ながらパイプには入らずこれもダメ。

        同じ0.3と言っても各社で差異があるというのは知っていましたが、身をもって幅があるというのを体験しました。0.3では緩々で0.2では入らないつまり、MONO芯が0.25くらいの細さなのかと考えましたが、それのみで判断するのも早計かと思い、ハイユニ芯の0.3を入れてみて再チャレンジ。

        うまくいったか?と思ったのもつかの間、芯はするっと引っ込んでしまいました。つまり、これも緩い。ということは、もしやシュタインの0.3芯が太いのではと思うようになりました。きっと、強度を保つために0.35くらいの太さがあるのかもしれません。

        そんなわけで、0.3のシュタイン芯をおとなしく使うことにします。しかし、なんか気難しいな、オレンズは。相変わらず100回以上ノックしても芯が出てこない時もあるし、私とは相性が悪いことこの上なしです。すぐに書きだしたいときに芯が出てこない、他社の芯は使えない…何とも融通が利かない今の若い者は!シャープです。

        しかし、これは私の購入した個体だけの問題かもしれませんので、すべてがそうとは言い切れません。ですが、そういう個体があるということは頭に入れておいたほうがいいと思います。まぁ、メーカーとしては純正品を使ってくださいというのでしょうが、何ともモヤモヤしてしまいますね。

        こうなったら意地でもオレンズネロに合う他社製0.3芯を見つけ出すことにでもチャレンジしてみるか。まだ、ナノダイヤ芯やグラファイト芯、クルトガ替芯等は試していないので必ずや手に入れてみせるぞ、オレンズネロに合う他社製シャー芯!…だめだこりゃ!

        20170423今週のスポッッッッッットライトなど

        0

          北と米が勝手に戦争するのは構わないが、そのとばっちりで日本にもミサイルなんて撃ち込まれたら大変だ。迎撃ミサイルなんてあてにならないし、そもそも誰も打ったことがないんだからいざという時使えるとも思えないしな。そもそも打っていいか閣議してる間に相手のミサイルが着弾しそうだな。

          さて、今週はリリースがありましたよ。よかったよかった。企業もようやく動き出したということですかね。まぁ、これは大注目!というものはありませんでしたが、そんなのは年に数個あればいいほうだから地道に積み重ねていくことが大事ですね。数うちゃ当たる。

          ZIG KURECOLOR TWIN WS 呉竹
          なんと135色+ブレンダーの一挙大放出。太・細のツインタイプのカラーマーカー。アルコールベースらしいので、コピートナーの上から描いてもにじまないそうです。まあ、プロ向けですね。建築、プロダクト、グラフィックデザインや、マンガ、イラストなどに。ということは、あっしにゃ関係ないか…。

          △錣燭靴世茲蝓.妊競ぅ鵐侫ル×ポスタルスクウェア
          デザインフィルでもコクヨでも同時にリリース出してました。ミドリ×コクヨ×郵便局の最強トリプルコラボ。自分に宛てて出す手紙だそうで、考えようによっちゃなんか虚しいような…。書いた手紙を持ち帰れば済むような気も…。まぁ、それは粋ではないということですかね。

          フリクションイレーザー パイロット
          あれ?以前も同じようなの売ってませんでしたっけ?ケースだけちょっと違うけど中身は同じ?どうやらケース部分に名入れスペースを設けましたよ、ノベルティ向けにどうぞ、ということらしい。なんか同じものを新製品ですと言って売りつけられてるようで嫌だな。まぁ、ケースは以前より安定感はありそうだけど。

          ぅ董璽廛廛螢鵐拭次箸海呂襦MP20 キングジム
          北欧風のお家をイメージしたテーププリンター。同時に立ち上げたHITOTOKIブランドの製品。完全に女子向け。¥6,800 +消費税。マスキングテーププリンターと銘打たないのはテプラLiteのテープも使えるからか。ということは、テプラLiteでこはるのマステテープも使えるのか?機能追加のマイナーチェンジバージョンというところ。

          ァEDiT」 × 「カランダッシュ」 なめらかで書き心地いいボールペン マークス
          カランダッシュの849コレクションのEDiTバージョン。でも、なんかおしゃれじゃない。3200円もする。EDiTユーザーでカランダッシュファンの人しか喜ばないのでは?と思えるファンアイテム。ブラックの軸色は渋くていいが、あのEDiTのロゴを削り落としたい。そうだ、マークスのマステ・マットブラックで…。

          ☆カクノ×プレピー…
          ニコイチしてみました。ふと思いついて、カクノの透明首軸バージョンとプレピーの胴軸部分を合体させてみました。カクノの透明軸バージョンなんて素敵じゃね?と思ってしまったもので。パイロットでもいずれそういうバージョンが発売されるかもしれませんが、セルフでどうにかできないかなと思って。

          で、カクノの透明首軸部分と、プレピーの胴軸部分を合体!おお!多少ぐらつくがそこはマスキングテープでも巻いて補強すればいいか(この時点で完全透明軸ではありませんが)。ちなみに、プレピーの胴軸部分のプリントはカッター等で可能な限りこそぎ落としています。

          流石にキャップはどうにもなりませんのでカラー付きですが、書くときは外してしまいますので、透明化成功ということにしておきます。カクノ×プレピーで「カクレピー」・・・。ちなみに、カクノの胴軸とプレピーの首軸は残念ながら完全には嵌りませんでした。こちらは少し刺さる程度。マステで繋げて使います。

          そこまでして、なぜニコイチ化するのか。それはそこに未知なるそして世界で一つの?ペンを所有するという喜びがあるから…というようなものではなく、ただ単に面白いからです。ただし、こういった行為は改造に当たりますので、やってみたいという方は自己責任でお願いします。まぁ、そんなにいるとは思えませんが。

          20170409今週のスポッッッッッットライトなど

          0

            恐ろしいですね、トラちゃん。トマホークぶっ放しちゃいましたよ、独断で。よっぽど戦争したいんだね。それで兵器作って大儲け、他人がいくら死のうが自国が儲かればそれでいいんだね。そのうち、世界各国にミサイルぶっ放すかもね。何やかやと理由はいくらでも後から付けられるもんね。日本にも米軍いるからね。血の気の多い。

            さて、可愛く恐ろしいことを記述したあとで何ですが、文房具リリースは少なめ。というか、少なっ!という感じで、メーカーがまだ完全に動き出していないことが感じられますね。入社式なんかでまだまだ体制が確立されてないんでしょうね。新人さんは電話応対から教育しないといけませんもんね。大変です。

            .▲蹈泙香るマスキングテープ マークス
            アロマが香るって、なんかそんなネーミングの付箋ありましたよね。大丈夫なんでしょうか。虫が嫌がると言われているシトロネラの香りが練り込んであるそうで、人様にはレモンのようなさわやかな香りなんだそうです。オーガニックとアウトドア用の天然成分を配合した虫よけ・アロマグッズが増加傾向にあるそうで、それ用。個人的にはどっちも楽しまないので、要らん。

            ◆屮謄廛蕁PRO SR170 キングジム
             今回の「テプラ」、18mm幅テープでは最大6行まで印刷可能になったほか、てがきフォントや、かわいい絵文字・外枠などを搭載して、よりデザイン性の高いラベルを作成できるように。また、シリーズ初の機能として「お名前タグ」印刷機能と、「ピッとコード」印刷機能を搭載。ネームタグ機能はいいかもしんない。なにより、8800円というのが良い。

            Hmmm!?STATIONERY NoteBook 日販
            シリーズ第1弾NoteBookは、機能性とデザイン性を兼ね備えた、ハードカバーの方眼ノート。書店向け文具なんだそうな。よくわからんけど。バリエーション豊富なカラーと材質で展開する。また、店頭で販売しやすいように、300冊の展開が可能な木製の専用什器を書店に提供し、店頭での訴求向上も図った。って、そんな馬鹿でかい什器をおける店舗が日本にどんだけあんねんっていう話や!

            ☆マステで付箋
            マステを適当な大きさに切って、その両端を少し粘着面を貼り合わせるように折ります。これだけ。丈夫で柔軟性があってカラフルな付箋に早変わり。両端を折るのは剥がしやすくするため。キングジムのキッタなんかでやれば始めから切ってあるのでお手軽かも。小ネタですが、手帳やノートの彩りに。

            折れにも強く紙付箋よりは粘着力も強いのでブックマークやインデックスにもおすすめです。って、手帳好きの方には今更な使い方かもしれませんが。

            ☆色仕掛けじゃなくてIROJITEN
            第3集を購入してしまいました。蛍光カラーを含む色鉛筆セットです。私自身は絵を描くなんて高尚なことは出来ません。センスが無いので。で、何に使うのかというと蛍光マーカーの代わり。30色入りのセットで3,000円。お高いですが思い切っちゃいました。前々からどうしようかと迷い続けてはいたんです。

            まず、このセット、ケースがおしゃれです。10本が1ケースにセットされているんですが、ケースの手触りが良い。基本紙箱なので耐久性的にどうかなというのはあるんですが、とにかく良い手触り。ゴムバンド付きでこれまたおしゃれ。それが3セットあり、それがさらに紙箱に収められて1集を成しています。

            そして、その外箱もおしゃれ。英語辞書の外箱みたい。流石、色辞典を名乗るだけのことはあるなぁ。これも脆そうではありますが。でも、その部分を頑丈にするとなると値段に乗っかってきてしまうし、安上がりに仕上げてあるのは良い選択だと個人的には思います。耐久性より「お洒落感」という感じ。

            まだ使い始めなので、色鉛筆自体のレビューは書けませんが、少し使った感じだと少し硬めで色も淡い感じ。個人的に淡い感じは大好物なのでいいのですが、軸色とは少し違うような感じはしますね。その辺に少し違和感は感じますが、トンボ製品なので品質的にはまぁ間違いないと思っています。

            この色鉛筆がちびてくるまで使い倒したいと思って入るのですが、それは一体いつになることやら。あと、色のネーミングが素敵なのも引かれた理由にあります。出来たら軸にも英語ではなくて和名で刻印してほしかったなぁ。個人的に和名のほうが風流を感じると思うんですけど・・・。

            20170402今週のスポッッッッッットライトなど

            0

              森友学園問題は泥沼化してきてしまいましたね。どうせ真相など明らかにしたってろくでもないことしかでてこないんだからもう、この辺で幕引きでもいいんじゃないかな。国政に大きく関わるほどの問題にも思えないけど。この件で唯一良かったことは普段無関心な人が国会に注目したことくらいか。

              文房具的には「山椒は小粒でもぴりりと辛い」的なアイテムが多かったような気がします。まだまだ文房具も突き詰めていけば改良の余地があるものなんですね。アイデアとか、新素材とか、価格とか。価格で言えば、文房具店では定価売りが原則で価格的には100均には勝てないから、売る側ももっと売るアイデアを絞らないと生き残りは厳しいんじゃないかなと思います。

              .痢璽肇丱鵐鼻.泪襯泪
              A5とB5推奨のノートバンド。有りそうでなかったんじゃないでしょうか、見せながら収納して持ち運べるタイプのものは。ノートに巻いて使用。適度な伸縮性・弾力性を備えた太めのゴムバンドで、様々なツールをしっかりとホールド。プレート部分にはバンドを自由に通せるベルト穴が10個あり、携帯するツールに応じて長さを調整しやすい。いいね。だが、高いそして黒い。

              硬筆用ソフト黒色下敷 共栄プラスチック
              コイツも黒い。弾力性があり文字が書きやすくなるそうな。A5サイズがないのがちと残念。なめらかなソフトタッチで、弾力性があり文字の書きやすさを追求した新感覚の下敷。ペンや鉛筆が吸い付く様に紙に馴染むというが、これは味わってみたい。適度な重みと厚みが安定感を高め文字を書きやすく。ハイグレードで良質感のある2mm厚軟質を使用。滑止め効果のある素材で紙がズレるのも防ぐ。A4を二つに割るか・・・。

              カラーラベル(しっかり貼れる・丸型) コクヨ
              これもありそうでなかったタイプ。というか、発想自体がなかった。職場で使うには収納的にはケースは邪魔かもしれんが、個人使いには良さそう。テープを引くとラベルが1枚ずつ取り出せるケースタイプ。持ち運びや保管に便利な形状となりました。また、超強粘着タイプ。超!らしい。欲しい。

              っ殃圓瀚年筆 プラチナ
              「出雲」ブランド。伝統工芸士が竹を軸に編み上げた手作り軸。当然のことながらバカ高い。セレブ向け。それにしても、こういうの買う人ってどういう人なんだろう?社長?議員先生?籠池さん?12万円から9割引してくれないかな。政治圧力とか、忖度とかして。

              ゥ皀襯肇妊好 コクヨカウネット
              文房具ではないが実はこれが今回一番気になった商品。カウネットオリジナル木製デスク。木製デスクでは業界最安値の片袖机が18800円。オプションもあり。オプションで儲ける商法か。これだけの廉価はなかなかないですよ・・・と思ったら中国産。そうか。うまい話には裏がきちんとあるのね。となると耐久性の心配も。

              ☆買いたい物列挙
              ・ミドリ TRC ブラス 万年筆 (無垢)
              真鍮の経年変化を楽しむシリーズの万年筆。ただし、変化を楽しめるほど使い込めるかは実物を見ないと。
              ・オレンズ ネロ 0.3mm
              ロフトでは買えそうなので、そろそろ手に入れる算段をしたいと思う。なにしろ、何処にも売ってない・・・。
              ・ファティ赤・黒ダブルペンシル
              トンボが黒赤鉛筆を止めてしまったので、どんなもんか手に入れてみたいと思って。
              ・INFIEIGHT/インフィエイト】メタルローレットウッデンボールペン・ショート
              これのロングバージョンは入手済みだが、書きやすかったので。OHTOのOEMかと思われます。
              ・パイロット 万年筆 エリート95S
              ハッパフミフミの血統のショート万年筆。土橋さんのブログを読んでどうにも欲しくなって。
              ・prismee プリズミー
              まず文具店では見かけないプリズミー。これの透明軸とオレンジ軸が急に欲しくなり。
              ・byLoFt 五徳定規
              なんかすごそうなので。何がスゴイかはよくわからないが。ORENZNEROの入手ついでに。
              ・LAMY スイフト
              OHTOのノック式ローラーボールにハマったので。コイツも入手してみようかなと。
              ・TOOLS to LIVEBY ワイヤークリップ (ローズゴールド)
              なんかおしゃれ。挟んで吊るしとくのに使えそう。何を吊るすかは秘密・・・。ブンドキさんにて発見。
              ・プラス Pasty パスティ クリアーホルダー A4-S
              コイツも店頭で見かけないアイテム。PLUSさんの商品なのに。そういうの入手したくなりません?

              ・・・などです。実はもっともっとあるのですがさすがにすべてを書くととんでもないことになるので止めておきます。

              ☆文房具ブログについて
              愛読していたブログ様が更新が滞り、そのうち放置され・・・というのを何度も見かけてきました。一人で書いていくにはやはりネタ的にきついものがあるのも事実。最初は始めた興奮と勢いで、連日更新が続きますが、そうすると書くネタに困るようになります。

              私が原則土日更新にしているのは平日は疲れて帰ってきてそういう余裕が無いというのもありますが、平日の間にネタ集めをしているということもあります。それに、更新は土日と決めておけば自分もゴールが見えているので気分的に楽だし、読んでくださる方も土日だけチェックすればいいということもあり、そうしています。

              私自身がこのブログをいつまで続けられるかはわかりませんが、これからも自分のペースで更新していきますのでよろしくお願い致します。

              20170326今週のスポッッッッッットライトなど

              0

                今、世界はおかしなことになりつつあるように感じます。それは、政治家特にその国のトップ、首相だったり、大統領だっったりの顔ぶれを見てもわかります。某国の過激発言連発のトラちゃん、弾劾されちゃった朴ちゃん、日本でもABCん3さんも森友学園問題でピンチだし。ろくな人材いねーじゃん。北は問題外だし。

                さて、文房具のリリースは少なめです。各企業は異動で歓送迎会などで忙しいのでしょう。引継ぎが済んで、ひとしきり落ち着いてそれからまた夏商戦に向けて準備が始まるのでしょう。それまでは、新商品のビッグバンということもないでしょうから、気長に待つことにしましょう。

                .痢璽肇屮奪〈ReEDEN PREMIUM〉新柄 コクヨ
                ヨシ紙を使用したノートブックに市松紋様と七宝紋様の新柄が登場。値段はそれほどでもないので、プチ・プレミアムくらいの感じか。個人的には紺色の市松模様に惹かれる。TOKYO2020のシンボルも紺に市松模様だけど、こっちのノート表紙のほうが個人的には好み。だけど、麻とヨシのノートが一番好み。

                ◆BONDIC(ボンディック) オリエントエンタプライズ
                歯医者さんが考えた接着剤。UVライトで硬化して欠けてしまった部品の復元や穴埋めなどに使えるそう。ペン軸が割れてしまったときなどにも使えそう。ピカッと4秒ほどで固まるようなので乾かす手間も少なそう。なんにでも使えるようなので手に入れたいアイテムの一つだ。ちなみに新製品ではない。

                カスタマイズ ツイストノート リヒトラブ
                まず、言っておくが私はツイストリングノートと言い続けるぞ。そのほうがかっこいいから。そしてこのカスタマイズノート、カスタマイズペンよろしく、表紙商法を見据えている感じがしてなんかいい感じがしない。○○とコラボとかいらねーっつうの!40枚綴じのリングが290円ってぼったくりやろ!リエデンプレミアムノートが買えてしまうで!

                ☆スーパーマーブルのインクは・・・
                ゼブラの3色混合ゲルインクボールペンスーパーマーブル。一般の文具売り場で見かけることはまずないが、100均などでたまに見かけます。私も何本か持っていますが、これから入手というのは難しいペンでもあります。ゼブラの「会社のあゆみ」によれば平成11年発売。もう18年も前ですね。すでに廃番。

                で、普段使いはしていないのですが急に使いたくなる時があるのです。一種の病気です。「急に使いたくなる病」略して「急病」。で、最近またその急病が発症して使ってみたのですがふとその軸内のインクを見ていて疑問に思ったことがあったのです。なぜ混ざらないのだろう?

                急に疑問に思うことがあります。これも一種の急病。でも不思議です。軸内ではゲル状だからと言われてしまえばそれまでかもしれませんが、ペンを使う場合、ポンとノートの上に置いたり、机から落としたり、降ったり回したりするときもあるので全く衝撃がないわけではないと思うんですよね。

                そういう時に混ざったりしないのかなと、ふと思って軸内のインクを見つめているとまた新たな考えが。そうだ、そういう混色で軸内でじんわりとインクが混ざって新たな色が出来上がるようなそんなボールペンってできないのかなって。インクの経年変化を楽しむみたいな。インクが熟成されていく感じ?

                そんなのが出たらまず間違いなく買ってしまうな。きっと、3年日記とか始めてしまうな。そのペンで。毎日一言だけ書いて、インクは3年保たせて、色の変化を楽しむみたいな。インクが溶け合っていくさまが透けて見える透明軸がいいな。使う人によって混ざり具合が異なり、最終的には別な色のインクに育っていくみたいな。クー。

                そういうのあってもいいと思いませんか?妄想でスミマセン。

                ☆ルーズリーフを・・・
                学生時代以来使っていなかったのですが、綴じられていない紙というのを使ってみたくなって無印の「裏写りしにくいルーズリーフ」A4サイズ100枚を買ってみました。100枚で200円。お買得ですね。で、それだとサイズが大きすぎるので、3回ほど折りたたんでA7サイズくらいに折って手帳のようにして使っています。

                横罫ですが、罫線はあまり気にせず、ポケットに入れてペンのクリップに挟み込んで持ち歩く。3回折ると片面で8ブロック、両面で16ブロックに分かれるので、手軽に16ページ分のメモ帳が出来上がります。それを持ち運んで、サッとメモするスタイルが最近のメモスタイル。

                ポケットのなかで紙はくちゃくちゃになってしまいますが、どうせいずれは捨ててしまうので、その間だけ保てばいいのです。しばらくとっておきたいものだけはクリアホルダーに挟んでおきますが、要らなくなったら古い順からシュレッダーです。

                綴じられていない紙というのは自由でいいですね。散らばってしまうのが難点ですが。折ったり、切り取ったりが自由にできてそして何より気軽に使えるのがいいです。さあ書くぞ!みたいに気負わないので、字も自分が読めればいいって感じでラフに書きます。

                併せている筆記具はバインダーシャープ。持ち運ぶ筆記具ですからペン先収納は必須。バインダーシャープはバインダー部分を開くとペン先が引っ込むのでその点安心。クリップ力はさほど強くはないけれど、紙に挟んで持ち運べるのでサッとメモするのにも便利。消しゴムは付いてないけどどうせメモだし、二重線で消せばいいし。

                で、これを新年度のメモスタイルにしていければなと思っております。今まで使ってこなかったもののコラボでもありますし。

                20170319今週のスポッッッッッットライトなど

                0

                  籠池劇場なんて言われていますが、だれがどう見ても異常でしょう、あの一族。少なくとも私はああいう人の経営する学校には行きたくないなぁ。AB43首相やAKE夫人との関係も取りざたされているが、さて、この一連の結末やいかに…。

                  腰の痛みがひどい状況ですが、サクッと文房具に関しても書いておきます。結構面白いアイテムがそろっています。個性的というか、そういうのもあるかと感心してしまうようなアイテムがそろいました。少し古めのリリースも交じってますが、私のアンテナには今週触れたので。

                   KITTA(キッタ)」24種類の新デザイン・新サイズを追加 キングジム
                  切れてるマスキングテープのキッタ。新柄とスリムタイプが登場。便利なのだが、お気に入りの柄が欲しいだけなのに、そうでないやつまで買わされてしまうのがネック。こういうセット売りもあってもいいが、基本バラ売りがあってのことでしょ!と、個人的には思うのだが…。

                  MDノートライト デザインフィル(ミドリ)
                  薄っすいMDノート。それを3冊セット売り。これもバラで買わせてもらえませんか?と思ってしまいますね。ホッチキス留めのステッチャー製本なのが少し手抜き?1冊分厚いのより3冊に分冊されてたほうが携帯はしやすいでしょうけど…。でも、個人的にはバラ売りで、必要冊数は買う人に決めさせてほしいな。

                  メタリックシール デザインフィル(ミドリ)
                  オッシャレなデコレーション用のミシン目入りテープ状のシール。手で千切れます。悪目立ちしすぎないような色と柄。写真とかのデコ用。でも、こういうのを使いこなすにはかなりのハイセンスが必要になるのは過去の経験から学習済み。私のようなローセンスかつノー写真な人間にはノーニード。

                  G-FREE05 セーラー
                  機構はそのままに、グリップをスリム化、ボール径0.5mmを追加してターゲットを女性に変更してきました。値下げもしましたよ。確かにグリップのスリム化は正解だったと思う。0.5mmのほうがカラーリングが明るめで女性向けなのかもしれない。三角グリップかどうかは画像ではよくわかりません。

                  イ覆召蟒颪で楽しむ夏目漱石/方丈記 エイ出版社
                  名作をなぞって手書き文字の練習もできるそんなアイテム。一時期コラムの書き写しノートみたいなものが流行ったが、これはそれプラス手書きでなぞりながら文章の深いとこまで味わってもらったうえで美文字化も成し遂げさせてあげようぞ!という発想。そういえば、夏目漱石ってあまり読んだことないなぁ、鴨長明も。

                  Α◆屮妊競ぅ鵐▲錙璽2015」受賞2作品を先行限定販売 コクヨ
                  「儚く、美しく」は、数字が1本の糸で縫われたカレンダー。糸を引っ張ると、数字がほどけて消えていく。日めくらずカレンダー。記録を残すのには使えないのでどこまでユーザーに受け入れられるか。エンボスノートは、印刷ではなく、すべてがエンボス加工でデザインされたキャンパスノート。これは実物を見てみたい。

                  Аbnbg(ビーエヌビージー)」の第3弾 学研ステイフル
                  PPAPみたいなブランド名。便乗?アートディレクター居山浩二氏と立ち上げた文具ブランドの第3弾。第2弾の「shirusu」は知らなかった。今回の中では「tomeru」というクリップが二つ合体したようなデザインクリップが気になった。でもそれ以上にshrusuが気になった。

                  ┘襦璽坤蝓璽媚温予顱ヽ惴Ε曄璽襯妊ングス
                  これは正確に言うと文房具ではないのだが、「ほーっ」と思ったので掲載。コクヨのキャンパスルーズリーフに5教科の1年分の要点をまとめた参考書。自由にはぎ取れる製本で、はぎ取ったものはバインダーに綴れます。ルーズリーフなので書き込みもばっちり!ただし、ルーズリーフなので折れや破れには弱いかも。

                  ☆クリップオンマルチ750?
                  クリップオンマルチ500のクリアボディにクリップオンマルチ1000のグリップ部分をぶっ刺しただけです。500+1000÷2=750ということで。メリットは金属グリップによる低重心化とクリアボディによる機構が見えるところでしょうか。

                  クリップオンマルチ1000にはクリアボディはありませんからそれだけでも特別感はあります。心なしか書き味も良くなったような気さえします。気のせいですが。本当はクリップオンマルチ1000もK芯が使えればいいんですが。さすればプレフィールの芯が使えるのに。

                  それか、スラリマルチやサラサマルチの高級バージョンが出るのを待つか。出るんでしょ?出ますよね?ゼブラさん。気長にお待ちしてますので必ずや実現していただけるものと期待しております。そして、その時の商品名は「スラ丸」と「サラ丸」でお願いします。和柄の侍風で。嘘です。

                  ☆ギフトに悩む
                  昨日の記事で、ノックローラーOを上司の餞別代りに送ろうと思っていると書きましたが、その方はあまり文房具等にこだわりがある方ではありません。そして、普段から使用しているのはキャップ式シグノの0.28黒。「俺は字が下手だから」と、あまり字を書きたがりません。

                  そういう方に対して、水性ボールペン、しかもものごっつい太軸重量級のペンを贈ろうというのですから、素直に喜んでもらえるかどうか、微妙なところです。逆にどういうつもりだ?と思われてしまう可能性もあります。こちら的にはこのペンにした理由は多々あるのですが、問題は相手がどう捉えるか、ですからね。

                  いつも0.28の超極細の筆跡で書いている人にとっては水性の0.5なんて超極太に思うでしょうし、シグノの軽さに慣れている人にとってあの重さはダンベルを持つように感じて耐えられないかもしれません。なので、お渡しする際には「宛名書きや人前で使う際に」などと言って普段使いではない機会に使用していただく用にという言葉を添えて送るつもりです。

                  私のようなおっさんの上司ですから年齢もそれなりの方ですし、こういうペンを1本くらいお持ちになっていても良いのかなと思ってのセレクトなのですが、年頃のお子さんにお金がかかるようで文房具関係は全くお金をかけない感じなのです。ホッチキスなんていつの時代から使っているのかわからないくらいの年代物で。

                  色々とお世話になっている方ですから喜んでもらえたらとは思うのですが、「こんなのより現ナマで」なんていわれる可能性もあります(冗談で)。ギフトラッピングにはタイムラインを買った時の円筒ケースにキングジムのキッタの「FOR YOU」マステで封印して渡すつもりです。卒業証書みたいにして。

                  20170312今週のスポッッッッッットライトなど

                  0

                    あの大震災から6年も経ってしまったのですね。早いものです。未だ仮設住宅住まいの方もおられると聞きますし、行方不明のままの方もたくさんいます。大震災、津波、原発・・・。記憶は風化させずでも前を向いて一歩ずつ進んでいくしかありません。ちなみに今朝も東北で中規模の地震がありました…。一瞬ですが、まさか!と思ってしまいました。

                    さて文房具のリリースは極端に減りましたね。企業も退職、新入社と商品開発以外のところで慌ただしくなっているのかもしれません。新しい血が入ってくることで各メーカーが新たな発想で新たな商品を生み出す環境を早く整えてほしいと願います。まあ、新人さんが現場で使えるようになるには時間が必要でしょうが。

                    .撻ぅ鵐 マーカー「330」 プラチナ
                    サスティナブルでキシレンフリーなペイントマーカー。害のある物質を取り除き、安心安全が売り。でも、なんで330なんだ?なんかいいネーミングはなかったのか?オ・レーヌがあるんだから、ム・ガーイとか、キシレ・ノンとか。なんか覚えてもらえるようなネーミング。いや、逆に「5−5−6」みたいで覚えやすいか?

                    ▲┘スシャープナー カール事務機
                    テレビ番組発の企画もの、オンライン限定アイテム。折れないブームに乗っかった「折れない赤鉛筆削り」という超ピンポイントな一品。カールカットなる怪しげな機構を物々しく装備し、予約販売する模様。テレビで放映されちゃって、もう後には引けなくなったのか?それにしても、2万円はねーだろ?小学生、買えんぞ!?

                    ☆ツイストリングでさらに・・・
                    リングを留めてしまうということを思いつきました。つまり、ツインツイストリングです。ツイストリングの背骨部分をリングで引掛けていくとリング部分が邪魔になって折り返して使えるというリングノート本来の利点がスポイルされてしまいますが、リング幅の許す限りツイストリングを重ねていけます。

                    爪と爪の間にリングを挟み込むので重ねたノートに上下の段差ができてしまいますし、横幅も多少ずれます。当然ながら厚みも出ますのでそういうのがどうしても許せないという人には向きません。でも、コロモガエダイアリーのノートページ少なくね?と思っている人にはリーフを中紙として差し込む以外にもノートそのものをリングに引っ掛けて増やすという方法も採れます。

                    そしてなにより、私個人が昨年やっていたリングメモ3段重ねが、こんな簡単な方法でできるかもということに気づき、おうっ!とのけぞってしまったので記事にしました。こういうアイデアはすでにどなたかが実践しているかもしれませんが、私的には「不思議発見!」でしたので。

                    ☆1枚何役?デビカ工作マット
                    イオンの売り場で見つけた工作マット。大きさはB4サイズくらい。工作マットなんて何に使うんだよとか思っていましたが、ふと思い立って購入してみました。これが思いのほか便利で。まず、当然ながらカッターマットになります。そして意外にいいなと思ったのが消しカスを捨てる時。

                    今までは、デスクに散らばった消しゴムのかすを手で集めてデスクの端まで寄せてきて、そこで手の上や紙の上に集めて・・・とやっていたのですが、工作マットの上で作業すれば、消しカスは工作マットの上に集めておけば一瞬で捨てられます。

                    さらに、光学式マウスのマウスパッドとしても優秀で通常のマウスパッドよりも動きが滑らかになるくらいで、さらに、大きさと重さがあるので動いてしまいづらく、それくらいの大きさがあるとかえって邪魔になりにくいんですね。さらに、そのうえで作業するとデスクマットも傷めない。

                    さらにさらに、そのうえで書類を記載するとボールペン等の書きやすさが増します。適度な硬さでペン先の動きが滑らかになり、下敷きとしても優秀です。そして、机の上に常備しておくことでいちいちカッティングの際にマットを引っ張り出す必要がないのがよいです。

                    B4というサイズが絶妙の大きさで、ノートパソコンの乗ったデスクの上では隙間にジャストフィットで、さらに動かす際にも重くなりすぎないので動かしやすく、A4書類を載せてもはみ出さず、カラーリングもデスクで使うのに違和感のない緑色。

                    さらに、印鑑も押しやすくなるようで(印鑑マットほどではありませんが)まさに1枚あれば何役もこなしてくれる便利な奴です。「おなまえ」欄が付いているのが学童チックだったりしますが、気にしなければいいだけのこと。学童文具ですが、本当に便利。私はさらに自作折り畳みカッターマットもデスクトップに常備して完璧にいつでもどんな作業でも来い!状態です。

                    ☆ナカバヤシの診察券ホルダーと言う名の・・・
                    オレッタです。A4三つ折りのホルダーを同じくイオンの売り場で見つけました。ナカバヤシさんは時々、いつの間にか見たことも聞いたこともないような商品を売り出しているので油断ならないメーカーです。この、診察券ホルダーもこんなんリリースあったっけ?という商品。

                    診察券を挟めるポケットが付いている以外は材質等もオレッタにそっくりのホルダーで、病院へ行く時に、サッと折たたんでカバンに入れるためのホルダーだとか。診察券や保険証などを収納でき、領収や薬局などで発行された印刷物、お薬手帳などもまとめてておけるというのが売りなのですが…。

                    どう見てもオレッタのパクリでしょ!というくらい似ています。パクッてるからリリースも出さずにこっそり販売したんでしょ?と疑いたくなるくらい似てます。もしかしたら、こっちが先で、オレッタのほうが後かもしれませんが、知らないものっていくらでもあるなと思いました、改めて。

                    まだ、ほとんど使用していないので使用感とかは書けませんが、もし便利に使えるようなら改めて記事にいたします。

                    ☆スポイトで・・・
                    ボールペンを自作してみました。スポイトは何に付属していたものかは忘れましたが、万年筆か何かに付属していたもの。それにボールペン芯にマステを巻いたものをぶっ刺します。それによってゆるゆる感をなくします。そこに被せる口金及びグリップ部分は就活ボールペンのネイビー軸。

                    スポイト部分をツイスト(別名ねじ込む)するとペン先が出てくる長さに調整して芯はスポイトに挿しておきます。そうするとまるでツイスト式のボールペン。さらに、ねじ込むときにスポイトをつぶす感じになるのでまるで加圧した時のような感じでボールペンのインクがドバドバ状態。書き味がよくなります。

                    さらに、リフィルにスペーサー加工を施しておけば程よく低重心化した「スポイト加圧式ボールペン」の出来上がり。どんなリフィルでもできるかはまだこれからですが、いろいろと実験していきたいと思っています。芯の収納は逆ツイストして緩めてやれば芯は就活ボールペングリップの中に引っ込む仕組み。

                    まあ、ネジではないので緩めすぎてしまうとすっぽ抜けてしまいますが、無理に引っこ抜こうと思わなければ大丈夫。樹脂とスポイトのゴムが適度な摩擦で留まってくれるので、すっぽ抜けても被せるだけでペンの体裁は保ってくれます。ただし・・・

                    書くのには何の支障もないのですが、人前では使用しないほうがいいと思っています。なぜなら、グリップにスポイトが刺さっているだけの不格好さゆえ使えないのと、周りから変な目で見られることは必至なので…まぁ、家でいろいろ実験するのに使います。

                    もしかしたら、これも改造行為になるかもしれないのでやる際は自己責任でお願いしますね。


                    20170305今週のスポッッッッッットライトなど

                    0

                      あの園児たちの選手宣誓の映像は衝撃的ですね。ああいう教育がまかり通っている事自体もひどいですが、あのセリフをワケも分からず言わされている園児たちの無邪気さが余計に見ていてつらいです。そして、我が子をそういう教育環境に置いてしまった親御さんたちの心中や如何に。

                      さて、文房具関係の動きはと言うと少し落ち着いちゃったかなという感じです。まだ各メーカーの全商品がリリースされたわけではないようですが、先週は少なめだったような気がします。それでも進化版クルトガなどは買う買わないは別にして実物にタッチしてみたいですね。

                       屮團奪肇┘奪亜廛轡蝓璽此.肇鵐
                      トンボ史上最安値のコンパクトな使い切りテープのり。3月7日発売ですが、いつもどおり先行販売されています。いまや、水糊よりも、スティック糊よりもテープのりでしょ!ということで、低年齢化するテープのり市場を見据えての製品。3タイプの糊で全方位をカバーしています。ただし、使い切りなため、完全に個人向け。

                      ▲▲疋丱鵐后〇杏
                      クルトガの進化版。2倍速の速さで芯が回り、パイプスライドで芯を守る。口金の金属化と精巧な加工により芯の上下のブレを抑制など、かなり工夫をこらしています。それでもギアを積んでるわけですからグラつきはあるんでしょうけど。価格は550円とパンピーでも手を伸ばしやすい価格に抑えてきたことは評価。オレ・ネロとの差別化が狙いか?

                      ファシーネボールペン/シャープペンシル(パールピンク)(ネイビー) セーラー
                      ファシーネの新色。女子向け。ネイビーは関東限定で売られていたものと同じか?ネイビーなら野郎が持ってもいけるかも。それにしても高い・・・。もう少しまけてくれてもいいんちゃう?せめて3000円ならなんとか手を伸ばせるのに。シャープペンはお初。これも5000円では手を出せないなぁ・・・。

                      ☆スラーピィの芯を加圧・・・。
                      ダイソーの超スラスラインク搭載金属軸ボールペン、スラーピィ。Made in Chinaなので工作精度に難有りながらだからこそ100円という爆安価格が実現できているので眼をつぶることにして、創意工夫で乗り切りましょう。まあ、快適に使わせてもらっています。

                      そんなある日、いつもの悪癖が鎌首をもたげてきます。「これ、加圧したらどうなるだろう・・・」。そうです、ダウンフォースに挿せないかなと思い立ったのです。で、ダウンフォース(最近出た抗菌仕様のクリアブルー軸)の中芯とスラーピィの中芯を比較。

                      芯径はほぼ同じ。ただ、スラーピィの方が長いので、切らなくてはなりません。迷わず切断。挿してみると、ジャストサイズ。緩くもなくキツくもなくダウンフォースの差し込み穴にジャストフィット!ただし、これには個体差も互いの相性もあるので全てでうまくいくとは限らないぜ、ベイビー。

                      そして、ダウンフォースの重心バランスを低重心化させるべくグリップにはジェットストリーム4&1の金属グリップを借用。この組み合わせがシンデレラフィットすることは事前に実証済みで、今度もいい感じ。ただし、4&1の方はダウンフォースのグリップだと芯出しできなくなるがそれはそれ、これはこれ!

                      さらに、中芯にはスペーサー(円筒状の中空き工具部品)をマステで巻いてさらに重心を下げます。これでグリップをはめ込めばいけるはず。で、ノック!思惑通り、いい感じに芯が顔を出してコンニチワ。加圧式スラーピィの完成。パイロット☓三菱☓ダイソーのコラボだぜ、ワイルドだろ!

                      で、書いてみました。スラスラ書けますが、さほど加圧前との違いは感じられません。あれだけ滑らかだと、少しくらい加圧したとしても、差を感じられなくなるのかもしれません。まぁ、上向き筆記ができるスーパースラスラボールペンになったということで納得しますか。

                      えー、くれぐれも申し上げておきますが、これは完全に改造ですので自己責任でやってます。もし、この記事を見てやってみたいと思われたとしても、そしてそれにより何か不具合が生じたとしても当方でも責任を取りかねますので、悪しからず。失敗しても自己責任ですからね!

                      ☆マスキング丸シールの使い途
                      スタロジーのマスキング丸シール。少しずつ使ってはいるのですが、なかなかなくなりません。手帳とかには使わないし、だけど見かけると買ってしまうので、増える一方。おしゃれに丸シールアートでもやってみるかと思いつつも、自分にセンスが無いことは百も承知。

                      で、最近新しい使い方を思いつきました。上記スラーピィにも適用してますが、芯先がぐらつくペンのグラつきを抑えるためペン先に貼るのです。丁度ぐらつく隙間を埋めてくれて、さらにノックしても引っかからない程度に隙間を埋めるのに最適なんです。

                      マステだと、なかなかこれの微調整が難しいのですが、これなら元々大きさが決まっていて、しかも、適度な厚みを補正してくれるし、微調整の必要が無いので重宝しています。私はペンの改造をこれからも続けることになるでしょうから軸と、芯が上手くフィットしないことはこれからも多々あると思うので、これは嬉しい発見でした。

                      ☆スラリとスラーピィ
                      またまた、スラーピィ関連でスミマセン。スラーピィの問題点は替芯がない点。いくら100円だからといって、本体ごと買い替えていたら軸ばかりが増えていってしまいます(その前にいつまでオリジナルブランドのペンが存続していられるかというのもありますが)。

                      そこで、替え芯の候補となるものを探さなくてはなりません。そこで真っ先に思いついたのが「スラリ」の単色軸替芯のEQ芯。軸にはすんなり入ります。口金の出口からも問題なく出ます。あとは、芯の長さ。EQ芯のほうが少し長い。ならば長さを揃えて切ればいい。

                      やってみました。そしてノック・・・?あれ?ノックできない。押し込めないんです。スラーピィの芯は細い。つまり、軸内部でノックパーツの台座の中に芯が少し潜り込む感じなのかもしれない。ということは、更に短くカットしなければならない。

                      そこからは少しカットしてはノックの繰り返しで微調整。そして完成スラーピィ軸にスラリリフィルの入った「スラスラーピィ」の完成です。一度芯の長さがわかればあとはそれに合わせてカットするだけで済むし、ペン先のグラつきは丸シールがあればもう問題でもないぜ!

                      これで、替え芯の問題もクリアできて、スラーピィライフはさらに安心感と充実度を増したぜ!でも、できれば純正の芯を発売してほしいぜぃ!お願いしますよダイソーさん。というわけで、これも改造なので、自己責任でお願いします。念のため。

                      calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>
                      PR
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM