MONO2WAYだもの

0
    ということで、トンボのMONO2WAYです。修正テープと消しゴムが合体してボールペンでも鉛筆でもこれひとつあれば修正ならなんでもござれという商品です。

    ですが、個人的に「いいな」と思ったのは手ぶれ補正ヘッドです。ヘッドが少し回転して多少曲がってヘッドを下ろしても柔軟に対応して紙に密着してくれます。これのおかげで修正時のストレスはかなり低減され、今まで使った修正テープの中では使い心地は最も良いと思います。ただ、あまり強く押し付けると壊れてしまいそうですが。

    スライドヘッド方式なのでヘッドはしまっておけます。ヘッドをスライドさせる時のクリック感がまた気持ちいい感じです。

    消しゴムの方は回転繰り出し方式です。が、少しグラグラするので使った感じはあまり良くないです。なので、消しゴム機能はおまけ程度に考えています。

    きっと、修正テープとして優れていても、こういう付加価値を付けないと売れないという流れになってきているんでしょうね。文房具も多機能なものが増えてきましたから。実を言うと私ま「1台2役」でなければ購入しなかったと思います。

    ですが、修正テープとしてこれだけ使いやすいものを作ったのだから、修正テープ単体で使い勝手を追求した商品にしても良かったかなと思います。コンパクトにするとか、これをテープのりに応用するなんていうのもいいかもしれません。そういう商品展開が期待される商品です。

    さて次回は、「ハンドシュレッダー」です。ホームセンターで980円で買ったものですが、クロスカットができるし、かなりの優れものです。手回しですから電気もくいませんし。

    妄想文具 ペンに取り付ける消しゴム

    0
      ペンデメクルンのようなどんなペンにでも取り付けられる消しゴムっていいかなって。プレフィールの軸に消しゴム機能がないのを見て思いつきました。

      実際、ペンデメクルンでも字は消せますが汚れてしまいますので紙めくりに支障が出てしまいます。ならば、ペン先などにあとから取り付けられて字も消せるし、使おうと思えば紙めくりにも(実際に普通の消しゴムで紙めくりを擦ることもあります)、なんて商品があったらと思ったのです。

      ただ、後付けだと完全には固定できないし不安定なので消し心地はあまり良くないかもしれませんが、シャープペンに付属のものも大差ないと思うのでいいかなと。それに鉛筆には消しゴム付きのものは少ないですし、あったら便利かなと思います。

      もしかしたら、過去にはそんな商品もあったかもしれませんが(今もある?)、こういうのってどうでしょうか?

      胸に1本マルチリス

      0
        さて、予告どおり「マルチリスイレイサー」です。

        私がこれを初めて知ったのは、文房具雑誌だったように記憶しています(なんの雑誌だったかは忘れてしまいましたが)。

        それまで、日本のいわゆる砂消しというものを使ったことはありましたが、大いに紙を傷めてしまう、というか、砂消しを使ったのがバレバレになってしまうのが嫌で使わなくなってしまっていました。職場での文字書きでは訂正箇所に訂正印で対応しますが(修正テープはご法度なので)、訂正箇所が多いとみっともないですし、大事な書類ほど書くときには緊張しますのでかえって誤りが多くなったりします。それに自分では誤って記入したつもりがなくても他人から誤りを指摘されることもあります。そんな時従来の砂消しだと消していくうちに紙が破れてしまったり、紙を削りすぎていかにもそこだけ「削りました感」が残ってしまいました。

        ところがです、「マルチリスイレイサー」にはそれが殆どありません。たぶん、紙の上を指でなぞれば違和感がありますのでわかるかもしれませんが、見た目にはほとんどわからないくらい「削りました感」はありません。

        それに、鉛筆タイプなので、遠目からは修正しているようには見えない点も良いところ(当然近くで見ればわかりますが)。あまり、書類を修正しているというのを周りの同僚等に意識されてしまうのもやりづらいですから。

        さらに、お薦めはできませんが電動鉛筆削り等で鉛筆を削るように削ることもできるので、細かく消したい時にも便利。ただし、ゴムが機械に詰まって故障の原因になりますので程々に。

        良い点ばかりのようですが、不満な点もあります。綺麗に消すことはできますが、それには結構時間が掛かる点。場合によっては訂正印で対応したほうが早いので、渡しの場合どちらにするかはケースバイケースです。

        それでも、身近に常備してあればこれほど心強いものはありません。フリクションは公式文書には使えないし、どうしても修正しなくてはならないものがある、そんな時にいいかもしれません。

        さて、次回のお題は「ニコペン」といたしましょうか。ある、特定のケースにおいてこれ以上便利なものはない、そんなお話にしようかと考えております。

        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        • 20170716今週のスポッッッッッットライトなど
          zOu (07/25)
        • 20170604今週のスポッッッッッットライトなど
          yamomito (06/17)
        • 20170604今週のスポッッッッッットライトなど
          zOu (06/12)
        • 20170409今週のスポッッッッッットライトなど
          yamomito (04/22)
        • 今週はNothing!
          yamomito (04/22)
        • 20170409今週のスポッッッッッットライトなど
          zOu (04/17)
        • 今週はNothing!
          zOu (04/17)
        • 20160724今週のスポッッッッッットライトなど
          yamomito (02/04)
        • 20160724今週のスポッッッッッットライトなど
          yamomito (02/03)
        • 20160724今週のスポッッッッッットライトなど
          zOu (02/02)
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM