<< 色々と… | main | 試作 >>

20160710今週のスポッッッッッットライトなど

0

    本日は全国的に選挙です。投票には行こうと思います。が、正直申し上げて政治には何一つ期待はいたしておりません。公約とされていることは、「選挙向け公約」であって「国民との約束」という本来の意味を持っていないのが実情だからです。三省堂新明解国語辞典によれば「裏付けがないことが多い」のだそうで・・・。

    さて、文房具ですが、やはり、最近は「あっ!」と驚くことが少なくなってきましたね。リリースを見ていても純粋な新製品というのは数少なく、従来品のリニューアルだったり、売り方の目先を買えたり、新製品であっても「ふーん・・」というものが多く、新鮮な驚きに満ちた商品というのはなかなか生まれないようです。

    .汽リフラットHD−10FL3 MAX
    小型ハンディホッチキスの名機サクリフラットのリニューアル機能強化版。綴じ枚数を32枚に、どんな綴じ枚数でも綺麗な綴じ形状を実現、予備針ポケットの窓の透明化(見える化)、と使いやすさ重視のリニューアル。まあ、10号針では32枚あたりが限界なのでしょうね。それに、20枚以上の資料を綴じること自体がそんなにないし。

    ▲僖好謄ック色えんぴつシェアーパック ぺんてる
    クーピーペンシルみたいな色えんぴつの共同使用向け商品。というか、パスティック自体初耳なんですけど。興味がなかったから知らなかっただけかもしれませんが、あまりメジャーな商品ではないような。この辺りはサ○ラクレ○スさんに大きく水を開けられてるような。そのための販売強化策か?

    ウィズプラス コクヨ
    ペントレーにもなるペンケース。こういう変態・・・じゃなかった変形ペンケース、好きですよねコクヨさんは。手帳なんかと持ち歩くことを想定したんでしょうが、なんか見た目パッとしないというか、ん?そんなに新しいか?っていうか、普通のペンケースをちょっと薄型にしただけなんじゃ?というような気がしますが、結論は実物を見てからに。

    ぅ劵ギリスリム ナカバヤシ
    サクットカットヒキギリのスリム版。スリムになっても軽く切れるのは変わりないようなのだがそこら辺は実物を触ってみたいと思う。個人的に愛用しているハサミだし、よくあるポップな色使いではなく渋い感じの外見もよし。ナカバヤシさんの製品では最も好きな製品なので期待してます。

    ☆テフレーヌ☓ツイストリングハイブリッドノート
    テフレーヌのリングノート版が出たということで、早速購入してみましたがリングノートというよりはバインダーノートの薄型セパレートリング版といった感じ。純粋なリングノートと呼んで良いのかどうか微妙な所。どちらかといえばキャンパスバインダーに近いかな。

    気になったのはリングの開け心地。上下に分かれたリングの右側を上下それぞれにつまんで開けるのだが、それが、クニャっという感触であれ?本当に開いた?と目で確認しないとイケナイ感じ。もっとパチンと小気味良く開いてくれないと、なんとなくすっきりしない。気持ちの悪さが残る。

    その点、ツイストリングは小気味良い音を立てて、「ガバッ」と開いてくれる。これが意外と重要ポイントなんだなと感じた次第。そこで、この2冊を合体させてみることに。作り方は簡単、テフレーヌの表紙にワンサードパンチで穴を開けてそこにツイストリング(150枚とじのゴッツい奴)を嵌めるだけ。

    そこに、別のツインリングノートの解体した表紙(てぬコレの奴ね)をとじ込めば完成。そのてぬコレ表紙は表に回せば第二の表紙や付箋やマステの仮置き場として、また、中紙に挟んで栞や下敷き代わりにと活用予定。また、リングにはクリップ付きのペンを引っ掛けることもできるようになります。(テフレーヌリングにはちと無理っぽい)。

    それと、上下分割して個別に捲る機能に関しては、出来なくはないがかなり不安定で実用的ではなさそうです。そりゃそ〜だ、そばソーダ。真ん中にリングがなく、支えがないのですから。捲れなくはないですが紙はスムーズにといきませんし、上下左右にずれます。当たり前かもしれませんが。

    なので、上下分割というよりは上下のリングサイズに切ったルーズリーフを個別に綴るか何かしたほうが良さそうです。こうしてみると、リングノートとしては真ん中にリングがないメリットは筆記時にはあるのでしょうが、それ以外の場面では意外と使いづらいのかもしれません。

    それを補う意味でツイストリングをプラスしてみたのですが、穴のピッチが違い互換性がないので、相互補完は出来ない・・・かとおもいきやテフレーヌの方にツイストリングノートのリフィルは無理すれば綴ることが出来てしまいました。ちょっと紙が撓みますが、なんとか許容範囲かと思います。A5リフィルの場合ですが。

    それにしてもリングを開くのがこんなにコツがいるとは。それを2箇所もやらなくてはならないとは。コレは次回作を作るのでしたら見なおしてもらいたい点ですね。左手で右のリングをつまむと外れやすい気がしました。右手で右のリングをつまむとリングが小さいので左側のリングまで一緒につまんでしまい、開きづらいようです。

    テフレーヌリングノートを使ってみて、ツイストリングノートの使いやすさを再認識しました。最近は使うことも少なくなっていましたが(工作にはなにかと使いますが)、コレを機にまた使い始めてみようかなと思います。テフレーヌもね。

    ☆ひび割れ
    ボーナスが出たので、思い切って前から欲しかったパイロットの万年筆カスタム823を通販しました。2万円を超える値段がするのでかなり迷いましたが、思い切りました。崖から飛び降りる思いです。まあ、そこまで深刻ではありませんが、「カートに入れる」まで、一時間ほど画面を見つめてあーでもない、こーでもないとうだうだ。

    そして、昨日823(ハツミ)は我が家にやって来ました。初めてのプランジャー式万年筆。早速吸入です。一気にインクが軸内に吸入される醍醐味を味わいたくて購入したのですから、勢い込んで色彩雫「松露」(ミニボトル)を取り出し、軸をインク瓶へ。

    尾栓を緩め、そのまま上に引き上げます。これで吸入できるはず・・・あれ?インクが入ってこないぞ?ん?やり方が違うの?尾栓を元に戻し、再度チャレンジ。またダメだ。その後何度かやってみましたがインクは一向に軸内に吸い込まれません。

    何か間違っているのでは、とネットで検索すると、インクは尾栓を押し下げた時に一気に軸内に入ってくるということが判明。な〜んだ、根本的に間違ってんじゃん。そりゃそうだわな、引き上げた状態で吸入するんじゃそのまま書かなきゃならないし。ん?

    でも、さっきからインク瓶内でプッシュしてたけど入ってくる様子はなかったぞ。一気に押し下げないとはいらないのか?やっぱダメだ。うーん、不良品か?そんなことを考えながら軸をよく見ると、ヒビ割れが・・・え?まだ買ったばっかりなのに・・・。試しにニブをくるくる回して外し、注射器スポイトで軸内に水を注入してみると・・・。

    水漏れしてんじゃん、水森亜土。これじゃインク吸入したとしても駄々漏れじゃん。駄目じゃん、いつヒビが入ったんだろう?そんなに乱暴に扱った覚えはないし、けど、開封直後には確認してないから最初からそういう状態だったかは不明だし(まさかこんなことになるとは思ってないので確認してなかったんです)。

    これは、輸送中に破損したとしか思えないが、結構しっかり梱包してあったしそれもあまり考えられないような気もするし。それに修理となるとまた面倒だし、でも結構高価だったし・・・と迷った挙句、自分でなんとかしようと思いました。確か、ネイルケアに使うトップコートなんかが補修にはいいということを聞いたことがあるぞ。

    ということで、100均でトップコートを買ってきました。シルバーラメ入りのやつ。別にラメはいらなかったんだが、その店にはそれしか在庫がなく、女性のネイルケア用品の前だったので長居は無用と、在庫品をひっつかみ、レジへ。店員さんの白い目をかいくぐり、なんとか家に持ち帰りました。

    そして早速ひび割れ箇所に塗り塗り。どの程度塗れば大丈夫なのかわからないのでとりあえず、3重くらいに塗り重ねて乾くのを待ち、十分に乾いたことを確認して改めて吸入にチャレンジ。インク瓶にペン先を突っ込み、ピストンを押し下げます。ブシュ!インクが軸内に一気に大量に流入!

    成功です。まさに一気にインクが軸内に吹き上げるように流入してくる様は快感です。軸がインク色に染まる様もクリア軸の醍醐味。そうだよそうだよソースだよ!これを味わいたくて買ったのに、だいぶ遠回りしてしまったなという感じです。やはり、最初から吸入できなかったのはヒビのせいで気密性が低かったせいなのかもしれません。

    このコーティングがどれほど保つのかわかりませんが、とりあえず対処方法は学べたので、今後もし同様な事態になったらまたヌリヌリすればなんとかなりそうですが、根本解決ではないし、首軸のところなのでキャップとの摩擦が有り、コーティングは剥げやすいと思われ、今後ともメンテナンスには気を使いそうです。

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.11.19 Sunday
      • -
      • 13:51
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント

      お久しぶりです
      そして、お誕生日おめでとうございます
      と、
      あけましておめでとございます
      えーと、
      ここまで読んでいましたよ
      まだまだ追いつきません(艸` )

      パイロットの万年筆は、
      クリア軸とありましたが、
      ネット限定のノンカラーというやつですか???
      わたしはノンカラーがあると確実に、
      心を奪われますが、
      これに関してはブラウンもいいな、、、と悩みどころなのでした、、、
      が、予定外のキャップレスを買いまして、
      823はまたの機会になりました
      ペン先は何を選んだんですか???
      使ってみてどんな感じですか???
      • zOu
      • 2017/01/04 8:25 PM
      ペン先はM、中字で書き味は群を抜いていいです。別格というか。ふわりと浮き上がるような紙面への接触感の少ない感じ。ただ、その分字は太くなりますが。、記事にも書きましたが、始めからヒビが入っていたのでトップコートでコーティングしてあるとは言え、慎重に扱わざるをえないのが少し残念でなりません。
      購入したのはペンハウス様の通販で、無色透明軸です。無色透明軸の醍醐味は何と言っても軸のなかで揺蕩うインクが丸見えなことですよね。それが一気に軸内に吸入されたときには思わず声が出てしまうほどの快感ですよ。ただしそのインクを使い切るのは容易ではなく・・・。次に吸入するのはいつになるやら。
      ところで、予定外のキャップレスって何軸ですか?
      • yamomito
      • 2017/01/06 6:47 AM

      ペン先を決めるのはいつも悩みどころですよ
      結局、わたしは、パイロットでコレだ!!というのを見つけるまでに、
      4種類買ってしまったのでした

      本当は、セーラーを見に行ったのですが、
      残念なことにそれはなく、
      店員さんがなかなか丁寧な人で、
      確認してはいないけど、
      後から思うとパイロットに詳しかったから、
      パイロット担当だったのかなぁ???
      キャップレスの赤色の限定があったので
      かわいい&#9825;と見ていたら、
      こんな限定もありますと、
      『サンセットブルー』なるものを紹介してくれましたよ
      で、少しだけ迷い、
      そっちを購入(=´艸`= )
      まだそれほどに使えていないけど、
      最初の感想は、
      持っている金ペンの中で、
      紙へのタッチが一番好みだったのでした

      • zOu
      • 2017/01/08 3:51 AM
      キャップレスの金ペンとは羨ましい。サンセットブルー、最近発売になった限定品なんですね。私は鉄ペンのキャップレスは持っていてそれでもペン先のタッチは柔らかいと思うのですから金ペンだと相当柔らかなタッチなんでしょうね。それにしても昨日記事にしましたが、パイロットさんはこういう限定品をHPに載せないので、ネットとかで偶然発見するか、偶然店頭で見つけるかしか無く、もうちょっとなんとかしてくれないかななどと思っております。
      まあ、我が田舎では発売されたとしても販売してくれるようなお店がないんですけど・・・。
      • yamomito
      • 2017/01/08 8:48 PM

      それがですね、
      わたしの中で万年筆のいまだ理解できていない謎な部分なのですが、
      筆圧をかけての金ペンのしなりという意味のやわらかタッチではなく、
      ペンポイントと言えばいいのでしょうか?
      素材はイリドスミンやらやんやらの合金らしいですが、
      ペンポイントの部分がわたしが持っている中ではイチバン優しく感じ、
      心地よかったのでした
      ボールペンもそうですが、
      細くなるほどカリカリするのは分かるのですが、
      パイロットの同じペン先Fでもカスタムとキャップレスでは全然違うんだな、、、なんでだろか???
      な部分なんですよ

      あと、
      覚え間違いでなければ、
      パイロットのキャップレスに関しては、
      毎年秋に限定が出るんだそうですよ
      サンセットブルーの説明でそうだったのですが、
      パイロット担当の店員さんがいるお店にしか入らないという商品があるのだそうですよ
      限定物には弱いのは事実ですし、
      店員さん自体に嫌な感情は全くなかったのですが、
      まくしたてるように限定限定と言われたのには興ざめなのでしたよ(=´艸`= )
      まぁ、商品に特別感を出したいんでしょうし、
      実際その通りの説明になるんでしょうけどね
      ちとね、ひきました、、、ね

      あっ、わたしもその時、
      限定物のことを聞いてみたら、
      HPをチェックしてもらったり、、、
      と普通の回答しか返ってこなかったですよ
      yamomitoさんの言う通り、
      PILOTなんてしょっちゅう見てますけど、
      あがりませんしねぇ、、、
      セーラーなんかはわりと出てますけどね、、、
      かと言って、
      なかなかチェックもしきれませんけだねー
      • zOu
      • 2017/01/16 10:17 PM
      万年筆については私もまだまだ知らないことが多くて、説明できないことのほうが多いです。万年筆の性能を決定するのは「ペン芯」だという人もおりますし、ニブの大きさ、ペン先の研ぎ方、ペンポイントの材質・・・などが複雑に絡み合ってくるようで、さらに入れるインク、書き手の持ち方筆圧等外的要因まで絡んでくるともう説明など出来ないでしょうね。
      限定ものは偶然出くわしたときの感動みたいなものも魅力の一つではあるので、何でもかんでも情報出せばいいってもんでもないのかもしれませんし、万年筆の流通事情とかに詳しい方のブログなどをつぶさにチェックしていれば気づくのかもしれませんが、それもなかなか大変なのでこういうコメント欄などで教えていただける方がいるというのはありがたいです。
      やはり、メーカーの担当者と直接話す機会のある方のお話は妙に説得力がありますね。まぁ、直接だと何かとウザいこともあるかと思いますが、そういう方のお話はもっと聞いてみたいですね。
      • yamomito
      • 2017/01/17 8:28 PM

      毎回毎回情報をチェックしなくちゃならぬ、、、
      というがんじがらめ感はたまらなく嫌なんですよね
      しかし、そういう人こそが限定物を買えるのは間違いないんでしょうね

      こないだP社の営業さんに、
      限定インクのことを聞いてみたら、

      自分は営業先の店頭で、
      お客さんに声をかけられて知りました、、、

      ということでしたよ
      一通りお話をした後のわたしの想像でしかありませんが、
      街の文房具店をまわっている営業さんは知り得ない情報なんだな、、、と
      そして、
      わたしが勤めてから、
      4人目の営業さんなのですが、
      全ての営業さんが、
      積極的に万年筆の話をしてこなかったので、
      今回の話でなんだか合点がいったという感じなのでした

      勧めたところで、
      うちはそういう客層ではないから、、、
      とバッサバッサいく人がいるので、
      単純に万年筆を勧めてこないだけかもしれませんが(=´艸`= )、
      割り切った役割があるのではないかと思いましたよ

      欲しいひとは、
      ホント、欲しいんだろう、、、
      ということで、
      お客様の声として、
      上へ伝えてくれるということになりましたよ
      結果はどうであれ、
      そう言ってくれる営業さんの言葉は嬉しかったですよ(о´∀`о)

      • zOu
      • 2017/01/20 10:15 PM
      私の職場でもそうですが、他の課の業務内容はなかなか全てを把握することは無理というか、自分のことで手一杯という感じなので、販売店廻りの営業さんには知り得ないことも多々あるのでしょうね。
      でもその営業さんはかなり良心的というか、上に伝えてくれるというのはいいですね。それが、開発に活かされるかどうかはわからないですけど、そうやって営業の人が足で集めた一つ一つの声を大切にしてくれる企業でなければこれからの厳しい時代を生き抜いていくのは難しいと思います。そういう声の一つ一つに新たな商品開発のヒントが埋もれているのだと思いますから。
      • yamomito
      • 2017/01/21 1:13 PM
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM