<< スマホデビュー | main | ひかりん坊 >>

20160724今週のスポッッッッッットライトなど

0

    なんか、涼しく爽やか。夏でも、梅雨でもないみたいな気候です。個人的には大歓迎ですが、猛暑じゃないと困る方も世の中には居るわけで、そういう方には「はずれじゃねーか!」と言いたくなる気候なのかもしれません。子どもたちは夏休みに突入!お母様たちは家に小さな怪獣が居るようになって何かと大変でしょうが・・・。

    さて、文房具のニュースリリースはなかなか個性的なものがラインナップしました。数こそ少ないですが、ハズレも少ない、そんな感じです。毎週こうならいいなと思うのですが、これから企業はお盆休み体制に移行していきますから数も少なくなるのかな。

    .廛譽検璽襦屮ラーオブザイヤー NOVAオレンジ」 プラチナ
    プレジールの新色軸。今年の限定色ということでしょうか?ということは、これから毎年プレジールの年度色を出すぞということでしょうか?サファリみたいに?でも、プレジールを買いたいと思う人ってそう多くないんじゃないかな?みんなカクノに流れちゃってるし。インクの新色でも一緒に出せばいいのに。

    TRAVEL TAG FUSEN ゼンリン
    デザインも素材もまちまちな付箋を組み合わせた新商品らしい。今回は「旅」がテーマなようで、トラベルタグモチーフなんだそうです。現在販売してるところは限定されているようですが、好調なようならば拡大するのかな?まあ、我が田舎には来ないだろうけど。「いじやけっこと!」

    ドットライナーワイド コクヨ
    幅広20ミリのドットライナー。大型封筒ののりづけ作業に最適らしい。スタンダードタイプと本体が共通らしいので、両方のテープが使えるらしい。だったら始めからそうしろや!とも思わなくもないですが、そこはまあ大人の対応をしましょう。今後、替えテープと本体を別に買えるように要望します。

    ぅ廛譽侫ール☓スヌーピー ゼブラ
    久々にプレフィールの新商品。今回はリフィルにもスヌーピー。ほっそい芯にもちまちまとプリントしたようです。ス○イルフ○ットの真似は止せ!それよりももっと独自性を打ち出さないと。両頭軸やら双頭軸やら新色インクやらカラーオブザイヤーやら何やら。スヌーピーはどうでもいいからさ・・・。

    ゥ廛船ラー水筆入り36,48色セット サクラクレパス
    今週のリリースの中で一番「へー!こんなのあるんだ」と思ったのが、これ。水筆、スポンジ、パレットが一つになった便利なスケッチセット。しかも、36色や48色も使えれば旅先などで絵を描く人にはいいんじゃないかなと。まあ、私はといえば「異次元的」な絵になってしまうので描かないんですが・・・。

    Ε轡絅ークラフト オキナ
    白いワックスペーパーとカラーファイルがセットのマチ付き封筒。半透明なワックスペーパーから中のファイルが透け、まるで砂糖菓子のような風合、とのこと。画像だけだがほんとうに綺麗。漢字で「綺麗」と書きたい感じ。欲しい。が、まずこの辺では扱っているお店がないし、もしかしたら来年くらいにはどこかで入荷するか?

    ☆ピタッとブックマーク(仮)を使ってみた
    電車に乗る機会があったので、先週記事に書いたPP素材の両面テープ付き自動ブックマーカーもどきを実際に単行本を読む際に使用してみました。するといくつか問題点も。まず、サイズ。適当な大きさに切り抜いただけでしたので、文庫本で使うには少々大きすぎました。

    それと、両面テープの強度というか、貼る面積はもう少し広い面積に貼っておかないと剥がれやすかったです。コレは上記のサイズを小さくすれば大丈夫なのかもしれませんが、面積ももう少し広く取っておいたほうがいいような気がしました。要はバランスが悪かったということ。

    それと形もアレンジが必要な感じ。元のクリップブックマーカーは金属だから撚れたりしないけど、こちらはPPなので捩れたりするのでこの素材に適した形を模索する必要がありそう。まあ、この辺は試行錯誤していくしかないかな。実際に使ってみないとわからない点ていうのはあるもんですね。

    でも、こういう試行錯誤の過程こそが楽しいのかなとも最近思い始めています。実際に使えるものができるとその存在は空気のようなものになり、意識しなくなります。あって当たり前になる。そうすると、興味自体が薄れていき、でも失くしたりするとその有り難みを知る、みたいな。

    生活というか人間に密着している感じがたまらないのかな。そして、自作してみるとああ、そういうことだったのかと、形や材質、アイデアに感心できる。そしてまた自分でも作れるんじゃないかとも思わせてくれる。そういうのが文房具の最大の魅力なんじゃないかと思うようになってきています。

    ☆ワークダッシュ
    ワークダッシュ、ゼブラのサイトにその名前はもうない。グリップ部分を握るだけでペン先が出てくる新発想のボールペンとして売り出されたが、その後売れなかったのだろう。ひっそりと第一線から姿を消していった。芯は4CタイプでシャーボXの多彩な芯も使えたのだが・・・。

    その最大の要因は、握っていないと芯を出しっぱなしにしておけないので書いていて疲れるというのと、やはりデザインがいまいちだったことだろうか。きっと外回りの営業さんやトラックドライバーさんなど、外出先で伝票書きなどをサットする必要性がある人に使ってもらいたかったのだろうが・・・。

    コストの問題などもあったのだろうが、やはりクリップ周りくらいは金属製でいって欲しかったな。クリップが壊れちゃうと胸ポケットに挟めないしな。あとは、グリップ部分を握り直すたびに「パチパチ」音がしてうるさいし、それだけでなんとなく安っぽさが増すというか・・・。

    そこは、やわらか素材にして(エラストマーとか)音を減らすとか出来たはずですが、それもコスト的問題でしょうか、何の対策もされていません。それと、やはり外で使って欲しかったのなら上向き筆記にも対応する仕組みが必要だとも思います。

    そうすると本体が大きくなってしまうでしょうが、もう少し大きい方が持ちやすいし、外で見失った時も気が付きやすいと思うし、加圧機構は欲しいところですね。専用の加圧芯を開発するとか。まあ、これもコスト的問題で却下になったんでしょうけど。売れなきゃ、専用芯を開発するラインまるごと大損ですからね。

    つまり、アイデアを活かすための工夫がされていないために、一般のユーザーにアピールできなかった不幸な生い立ちを背負わされた製品なのではないかと思います。なんで急にこのペンの話を持ちだしたかというと、今日お祭りに仕事の関係で行かなくてはならなくて、それで急に使ってみようと思い立ったからです。

    実際に使ってみないと見えてこないことも多いというのは上記したとおりで、もしかしたら、実際には使い勝手が良くて愛用の一品になるかもしれないからです。きっとそういう環境で使ってみて初めて見えてくる魅力というものもあると信じて、使ってみようと思います。

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.23 Saturday
      • -
      • 12:42
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント

      ドットライナーワイドですが、
      初めて見たときから今日まで、
      スタンダードが幅広になったと受け、
      わたしには必要ないし、
      興味を持てなかったのですが、
      yamomitoさんの記事を読み、
      スタンダードとワイドが共通???
      を頭で理解できず、
      コクヨのサイトへみにいってもピンとこず、
      えーぃ、職場に戻ってどっちも買っちまぇー
      と検証してみてやっと理解できましたよ(о´∀`о)
      久しく、カートリッジ式を使っておらず、
      境目が分かっていませんでしたねー
      スタンダードの方は古い商品なので店頭在庫のものに書かれてなくてもしょうがないけど、
      ワイドの方にはパッケージにもそのことを書けばいいのに、
      一言もないのでとてももったいなく思いましたよ
      せっかくのアイデア商品なのに、、、
      教えてくれてありがとうございました(^ν^)
      • zOu
      • 2017/02/02 10:21 PM
      かなり古い記事から読んでくださっているようでありがたいのですが、自分でもこんな記事書いたっけ?と記憶を遡れなかったりして、ちょっと気恥ずかしくはあります。
      私もワイドは使っていますが、パッケージは捨ててしまったので確認できませんが、やはり本体は共通ですよというのは記載しておくべきだと思いますね。ニュースリリースなんて一般の方は読んでませんから気が付かない人のほうが多いでしょうね。というか、私もこのコメントを見るまではすっかり忘れていましたから。
      • yamomito
      • 2017/02/03 7:59 PM
      追記です。今日文房具店でドットライナーワイドの什器があったので見ていたら「本体は共通です」みたいなことが什器には記載されていましたが、パッケージに書かれてはおりませんでしたね。これでは片手落ちですね。「什器には書いておきましたよ」という言い訳のために書いてあるんじゃないかと思いますが、いや、大抵の人は什器は見てても気が付かないだろうし、私もここでのzOuさんのコメントがなかったらそういう点まで注意してみませんので今日まで気づきませんでした。やはり、きちんとパッケージに書いておくべきでしょうね。デカデカと。コクヨは文房具最大手なんだからそういうことはきちんとして欲しいなと思いました。
      • yamomito
      • 2017/02/04 1:57 PM
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      • 20170716今週のスポッッッッッットライトなど
        yamomito (07/27)
      • 20170716今週のスポッッッッッットライトなど
        zOu (07/25)
      • 20170604今週のスポッッッッッットライトなど
        yamomito (06/17)
      • 20170604今週のスポッッッッッットライトなど
        zOu (06/12)
      • 20170409今週のスポッッッッッットライトなど
        yamomito (04/22)
      • 今週はNothing!
        yamomito (04/22)
      • 20170409今週のスポッッッッッットライトなど
        zOu (04/17)
      • 今週はNothing!
        zOu (04/17)
      • 20160724今週のスポッッッッッットライトなど
        yamomito (02/04)
      • 20160724今週のスポッッッッッットライトなど
        yamomito (02/03)
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM