<< 20170625今週のスポッッッッッットライトなど | main | 20170702今週のスポッッッッッットライトなど >>

メーカー別の印象/キングジム編

0

    I防衛大臣、今頃裏では秘書に当たり散らしてるんでしょうね、「このハゲー!」とか言って。なっちゃいけない人が議員になってしまっているんでしょうね。全ての人がそうだとは思いたくないですが、政策云々の前に「人間としてどうなの?」と言う人が多いような。I防衛大臣も藤井四段の落ち着きっぷりを見習ったらどうですかね。

    さて、メーカーズインプレッション、今回はキングジムです。一時期はデジアナ文具に傾倒していたような気がしますが、最近ではアナログ商品の方に重きを置いているような気がします。最近はショットノート関連の記事、見かけませんもんね。

    いまやスマホで〇〇みたいなものが世に横行してますから珍しくなくなったというか、アドバンテージはすでにないですからね。スマホでポケモンがゲットできる時代ですからね。静かにフェードアウトしていくのかもしれませんね。次なる一手を考えてるのかもしれませんが。

    キングジムの代表作といえばテプラですが、このネーミング「テープライター」からきているって知ってましたか?職場で話すと「へーっ」と言われますので、意外と知らないんですね。というか、もうその存在が当たり前すぎてネーミングの由来など誰も考えないのだと思いますが。

    本体もテープもものすごい沢山の種類があります。職場で使うのは9澄■隠沖澄■隠賢世稜鬟董璽廚主ですが、蓄光テープ、転写テープ、マグネットテープ、りぼんテープなど使ったことがないものもたくさんあります。蓄光テープは使ったことがあります。

    こういった特殊テープは本体に付属のテープカット機能では切れないのでハサミ等で切ることになります。ソコで閃いたことが。そうなんです。テプラのテープはそれ単体でも使えるんです。手でテープを引き出して、油性マジック等で手書きしてハサミで切れば手書きテープラベルの出来上がり。

    本体は大きいし、結構な値段がしますので、手書きで味のあるラベルを作りたい人はやってみる価値はあると思いますよ。まあ、私の場合は「味」というよりは「下手な」ラベルになってしまってますが。それに、大量に同じラベルを作る場合にも向きませんので用途に応じてですが。

    そして、「ファイルとテプラのキングジム」を謳うだけあって、キングジムにとってファイルは最重要アイテムです。そして、毎年新たなファイルが生み出されてもいます。最近では「SMOOTH IN」が個人的にはヒットでした。七分丈ポケットのクリアファイル。出し入れがしやすく、ある程度の保持力もあり便利に使わせていただいております。

    それとキングファイルでしょう、やっぱ。オフィスの定番。我が職場ではたの◯ーるやJ◯INTEXの安物偽キングファイルが主流ですが(まぁ、安いですから大量購入となるとどうしてもね)、やはり使い勝手や細かいところでの仕上がり具合は全然違います。

    個人的にはキングファイル特厚150世魄ν僂靴討い泙后4莨罎世掘△海1冊で1年分の書類を綴じ込むことができるくらい分厚い。初期から幅は取ってしまいますが、業界最厚の背幅は圧巻。そのあまりの書類量に背には引き出すようの取手をつけねばならないほど。

    ただ、ひとつ不満があるとすればあまりにも厚いため、綴じ具の金属棒が書類の重みに負け、曲がりやすいこと。まぁ、これはやむを得ないかなと納得して使用しています。フルに書類を入れた状態ではかなりの重みになりますから。背幅100ミリの1.5倍ですからねぇ、仕方がないところでしょうか。

    その他では最近ではマステ関連のアイテムにも力を入れていらっしゃるようで、「こはる」関連、マスリエ、KITTA、オトナのシールコレクションとコンスタントに個性的なアイテムを揃えてきていて、それらを含めた「HITOTOKI」ブランドで大人女子を狙い撃ちにしています。リンダ困っちゃう〜。

    それと昨年にはたためるノートPC「ポータブック」まで発売してしまって、あらゆる方面から攻めるなぁと言う感じのキングジム。中には外れるだろうなぁ感満載のものや、そんな小さな隙間を狙ってきたかと思うものもありますが、それもこれも安定して収入が見込める看板商品を堅持できているからこその挑戦なのかなと。

    私個人的にもスルーしてしまっている商品も多々ありますが、いつも何かやらかしてくれそうな雰囲気をビンビン発している企業だなぁというのがキングジムに関する私の感想です。その名の通り「KING事務」ということで、文具界の王様を目指している感じで若々しさが溢れている企業だなというのがこの企業の相対的印象。

    若さゆえ、行き過ぎちゃうことも多々ある感じではありますがね。


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.11.19 Sunday
      • -
      • 12:20
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM